2018年10月24日

自分の


頭の中に浮かび上がる言葉。失ってしまいたくないものであれば、こぼれ落としてしまう前に活字にし、このブログにでも残したいと思う。思いはするのだが……



グループ絵画公募展を見る。

出展作は巨大なものばかり。広い展示室に入った瞬間、壁を埋め尽くす威圧感たっぷりの絵画たちに、空間をガッツリ占める油絵の具から発せられるそのエネルギーに圧倒されない人はいないだろう。

いくつかの部屋を歩くうちに、とにかく個性の模索からの創作、過去に無き個性を高らかに叫ぶことにより評価を得ようとしていることは理解できた。

同時に経験値の少ない僕には、重めで暗め、おどろおどろしいともいえるエキセントリック、強烈なエネルギーの作品が多いことに興味がわく。

公募展も数あり、出展作風に傾向もあるようだが、それでも「日本人はこれ系なのかなあ」とか「こういかないと認められない風潮なのかなあ」と感じる。


画家本人は、本当に自分が見たいものを描いているのだろうか?


たとえば自分の創作に対する記憶を消されたとして、画家本人がこの出展作の中から一作選ぶことになったら、本当に自分の描いたものを選ぶだろうか

実は個性を感じながらも、同時に似たようなものが多いことにも気付く。現代音楽と言われているものに感じるのと同様に。

現代では、絵を描くというのはこうでなければいけないのかなあ

そう思いつつ、続けて東山魁夷展に入場する。



その一部屋目から、涙がこぼれ落ちそうになるくらい身体中が震えた。


言葉にはならない。ただただ心が感じる穏やかさと美しさ、柔らかさ。


ひとつだけ……今まで感じたことがなかった価値観が言葉になって浮かび上がる。


このような絵を「自分の絵」だと感じるのだろうか


あくまでも鑑賞者としてである。

それならば演奏も、聞き手が「私の演奏だ」と思ってくれれば成功なのか


東山魁夷画伯の絵には、僕の心情こそがそこに描かれていると勘違いできるような、そんな人生のノスタルジアに溢れていたのでした。


N響定期
それでも、こぼれ落として失った数々があるからこそいいのだろうか

posted by take at 16:16| 活動報告