2018年10月15日

本当の徳


人として生きていくのに「本当に大事なこと」というのは、実は限られているのだと思います。

自分本意で身勝手な人でも平等に生きていけるように世の中設定されているので、そんな大事なことを持ち合わせてない人も胸を張って社会を闊歩していたりするが


たとえ周りから馬鹿にされてようが、あれこれ能力が高くなく収入を得るのに苦労したり、幅広いコミュニケーションとはいかない生き方になってしまっていたとしても


本当に大事なことがわかっており、持ち合わせている人の方が余程徳が高いのだと思います。


本当に大事なこと

なんとなく頭でわかっている人はそれなりにいても、心根に持ち合わせている人というのは、実は数は少ないのかもしれません。

みんな我が身可愛さが先にたち、誤った発言や判断を多発しているのでしょう。

そして、その自分が蒔いた種のせいで悩んでいる。


いろんな欲にまみれているが、しょせんホモサピエンスという一介の生き物、その一個体でしかない、と理解できていれば、充分に価値ある生き抜き方ができるのではないでしょうか。


レッスン、川越へ

posted by take at 09:57| 活動報告