2018年09月01日

吹き過ぎ その2


「合奏の最初に“管の中に息をたくさん送るんだ”とのことで、とにかく息だけ凄い量吹き込む練習をするんですが、どう思いますか?」

という質問。

「あまり意味があるとは思えないね。大事なことは、効率の良い唇の振動のおかげで息がスムーズに流れること。効率の良い振動というのは粗くないキメ細やかな振動で、それができれば、量使うの逆で少ない息で立派に響くようになる。フォルテになっても、その状態の振動で音量を上げれば良いだけ。客席にいると、飛んでくるフォルテは、速いスピードで大量の息が送られているように勘違いするんだろうけど、素晴らしい演奏家ほど燃費がいい。つまりさほど息を使わず、立派なフォルテが吹けるのです」


やはり、イメージから既に吹き過ぎなのである。

自戒の念を込めに込めて。


休日

posted by take at 17:26| 活動報告