2018年08月22日

後押し


僕は


「後押しには悪い後押しと良い後押しがある」


と思っています。

後押しというのは、特に管楽器の演奏者が陥りやすいダークサイドとして有名な奏法。

本人は歌ったり感情を込めたりしているつもりだが、音がはじまった後、クレッシェンドではないキャラクターで息で押しつけることにより、違和感のある表現になること。

金管では特に御法度感が強い。

実は弦楽器なんかは結構表現として使うし、木管もオーボエなんかは、狙っていわゆる後押しのような立ち上がりで吹く演奏家も多い。

問題は違和感に感じるかどうかと、押した息がどのように流れているかだ。


たとえばまるで押さなかったら、真っ直ぐないしは抜いているということになる。

音楽的な音の聞こえてき方というのは、これだけで全てが表現できるわけではないし、唇の振動のスキルによっては、このふたつの吹き方では否音楽的となってしまうこともある。

息が送り続けられるというのがとても大事なのだが、唇が感じる抵抗からの力みが排除されており、スムーズに、そして向かっているキャラクターに聞こえるためには、キープや抜くではたどり着けない奏法が必要だったりする。

つまり、音量に現れないような息のクレッシェンドが作り上げる音楽的があるということ。

これこそが「良い後押し」なのだと思うのです。

ワードとして、悪者感レッテルばっちりなのですが、じゃあ正義は?と見つめていった先に、その高品質ヒーローが隠れていたりする。


そいつは、最高に音楽的で、彼こそが感動を呼び込むチョーかっこいいやつだったりするのだ。


N響練習

posted by take at 10:50| 活動報告