2018年07月31日

ゴジ・ファン・に・トッテ


僕のテナー、バムのセミハードにはゴジラのピンバッジが付いている。

新宿マルイのゴジラストアで購入した、1964年、僕が生まれる一年前に公開された「モスラ対ゴジラ」の時のチョーかっこよくも怖いシルエットのもの。黒いバムに黒いゴジラで、目立ちはしないが、シックで重みを醸すハードテイストになっています。


片やバストロのケース、ドルチェのオリジナルハードですが、これには高松空港で購入したうどんのキーホルダーが付いてます。直径三センチ弱のどんぶり、天ぷらうどんのもの。


N響のステージスタッフに運んでもらう時「うどんのやつだから」とか「ゴジラのは別便でお願い」とか、間違いがないようオリジナリティをアピールしている。


先日ステージスタッフと話していたときふと

「うどんとゴジラじゃテイストに一貫性がないね。何を訴えたいのか(?)よくわからないよね」

という、何を訴えたいのかよくわからない発言をしていた。

彼は一瞬困惑していたが

「じゃあ、ゴジラがうどんを食べてるやつで統一すればいいんじゃないすか」

と、さらりと正論(?)を提案してきた。

「なるほど、そうだよね」

僕もさらりと同意してみた。


ということで、うどん県にゴジラの広報契約してもらうか、東宝かなんならハリウッドに「次回作の舞台は瀬戸内讃岐で」と提案するしかない。タイトルははっきりしている。


「今度の敵は、ゴジラ対決史上最強粘り腰。我らがゴジラも、ついに敗れるのか!!」


『ゴジラ対コシラ』


2019年春、カミングずるずるーん!!!


高松へ

posted by take at 14:43| 活動報告