2018年07月21日

うるさい成分


「うるさく感じる音」というのは、どの楽器のプレイヤーにもあったりするのでしょう。

「にぎやかに聞こえる音」とも言えるが、日本語的には、まだこちらの方が迷惑かけてる感は薄い。

そう、うるさい音というのはかなりな迷惑行為なのだ。

それは、でかく吹いたらうるさいというような単純な表現で納まりきらないことでもある。とても大きな音なのに全くうるさくない、小さい音量なのになんだかうるさいというのがありうるから。pはうるさくないが、ある程度以上の音量になるとうるさくなるというパターンもあるだろう。

ただ、どんなに大きな音で吹いても全くうるさくないプレイヤーというのはいるわけで、やはり絶対的に目指すべきことのひとつでしょうね。


実は、私たちが正確に理解したいのは

「うるさく感じるのは、一体何がどうなっているのか」


僕が考えるに、まず硬さがそう聞こえ、そこに力みが加わっていることだと思います。

ただ力みというのは、成長していく過程では(たとえば素晴らしいfを手に入れていく時)必要な時もあり、全て脱力、全て開放的ベクトルのみを感じるのは、逆に限界のあるプレイヤーになる可能性もあるから気をつけたい。

その力みが音に存在し、硬さとして表現されているのが「うるさい成分」なのでしょう。

pであっても、これがあってしまうと「なんだかうるさい」

おっきな音になると「ホント勘弁してほしいうるささ」

になってしまう。


とにかく、自分の音から力みと硬さを排除するべく、日常から意識が目指す必要がある。

ただ重ね重ね勘違いしたくないのは、自分の音量の範囲内、丁寧という名の弱々しい取り組みからは、幅広い音量を網羅する「うるさいの取り除き」はできないということだ。


N響大阪公演

posted by take at 14:47| 活動報告