2018年07月09日

求む!我が筋肉の取説


スポーツなんかは特にそうでしょう。

「ここの部分(身体の一部)を意識して」

みたいなアプローチ。筋トレでも、トレーニングしている部分を意識するよう言われます。


私たち楽器演奏も少なからずあって、無意識のうちに理想的な形を作れているなら敢えて必要はないのですが、うまくいってない場合は


「そこの部分をこのように意識して」


となる。

ただ難しいのは、理想形だけ要求されても、実際筋肉をどのように動かせばそうなるのかがわからないことだ。

例えば「ここが弛まないよう張って」みたいなアプローチは多いが、吹き始めると張れなくなるから弛んでいたりするわけで。


そうすることによって「こういう演奏になる」という目標の理解ともうひとつ、

そこの筋肉を理想的にするためには更なる部分、どこの部分を意識したらそうなるのか、そこをどのように意識したらそうなるのかという、もう一段階プラスした知識が必要なよう。


自分の身体のことなのに、意外に動かしかたがわかっておらず、理想的な筋肉のフォルムに自然といけないハードルと共に吹いているから、ちゃんと吹けない部分があるわけで……


休日
台風で沖縄行き断念だんねん

posted by take at 09:48| 活動報告