2018年06月13日

カレーうどんの可能性


あの偉大なるカレーの本妻はご飯。

誰もが認める相思相愛っぷりだが、実は日本を席巻するmen's worldの中で、選ばれている唯一の愛人ならぬ愛炭水化物、略して愛たんは「うどん」である。

カレーそばなんかもなくはないが極めて少数派。パスタはほぼないし、他も聞かん。


最近は名古屋の夜のシメ、カレーうどんがきているらしいが、これはもう「鶴丸」と「五衛門」が日本史の教科書にも登場しそうな讃岐は高松、我が古馬場こそが、カど神(かどしん)の降臨地として認定に異議を唱える者はいないだろう。


我が知り合いの讃岐医者は「腰痛の方はうどんをどうぞ」とのたまった。コシが強いからだって。


そんなカレーうどんだが、実はカレーライスほどバリエーションがないことに、国連も疑問を持ちはじめている。

巣鴨の古奈屋にはいくつかメニューがあるが、大体うどん屋に「カレーうどん」として一種類あるだけ。


ということで、ほとんど見ないが、僕がカレーうどん屋をやったらメニューにしてみるものを挙げる。

店名は、もうまさにカレーうどんならではの名前。


カレーうどん専門店『とばし屋』

紙エプロンどころか、心置きなく食べてもらうため、レインコート配ります。


人気第一位メニュー
「ジャンボカツカレーうどん(小ライスつき)」

第二位
「ビーフチキンポークシーフードカレーうどん」
どこも、誰もやらないが、僕はやる!

第三位
「ざるカレーひやあつ」
ルーは熱くうどんは凍めてます

第四位
「イカスミカレーうどん」
更に黒く濃いのが好きな方用に、イカスミ原液も別につけます

第五位
「薬膳カレーうどん」
とにかく店長も店員も、なんなら僕も知らない秘伝のルー。ターメリック、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、チリペッパー、ジンジャー、カルダモン、品物(シナモン)、雷門、クローブ、区民、コリアンダー、オールスパイス、ローレル、ディル、フィンネル。どや!!!

第六位
「バターチキンマトンカレーうどん」
ライスかナンがつきます。(ナンは、チーズナンかガーリックナンでも大丈夫)



どうです?流行りますかね?うちの店。


N響練習、大塚へ

posted by take at 14:50| 活動報告

2018年06月12日

根幹・身体・取り組み


どんなことを極めるにしても、実はそれこそを外してはならない、それこそが理想的ノーマルさをもってなければならない「根幹になること」があるのだと思います。

それが理想的からずれていた場合、様々な問題点を改良どころか自らで確認するのも難しくなる。つまり、良いペースでの上達は望めないとなる。


管楽器の場合は『息の流し方』、それに尽きると思います。



また何に取り組むにしても、身体のことは結局避けて通れないことになります。

マラソンでも「体幹がぶれない」などと言いますが、簡単に言うと「胴が動かない」、つまり足と腕のみが動くとなります。

この、どこかが動きどこかは動かないというのが凄く大事。更に言うと、動かないべき部分は本当に動かない、というのが必要なことかと考えます。


トロンボーンでも、明らかに「本当に動かないように取り組む部分」はあり、それを理解しトレーニング。そのことにより、動くべきところが、自然に「らしく動く」ことができるようになるのでしょう。


そして、取り組みに関しては


『守破離(しゅはり)』


に尽きると。

これについては、思うところもあるので、また書きたいと思います。


N響練習

posted by take at 18:09| 活動報告

2018年06月11日

刺激と感動


最近、刺激と感動が対極の位置にあるのかもしれないという気がしています。


感動する瞬間は何かしらの刺激を体験しているとは思うのですが、ここで言いたいのは


瞬間的刺激をたくさん生もうと取り組む



刺激ではないものを積み重ね感動へと導くもの


が対極にあるのではということです。


閃き(ひらめき)や感覚的アプローチは必要だとは思いますが、同時にきちんと何かが積み重なっていかなければ、そのふたつの取り組みの結果は一番対極のところにあるようになるのではないでしょうか。


指揮棒を降り下ろすスピードがやたら速い場面がある指揮者には、そう思ってしまう瞬間があります。


刺激は刺激で魅力的ですが、そこまで刺激的ではないことも大事だと。

人間が許容できる刺激のレベルはあるし、何より人生という一番素晴らしいドラマは、もっと穏やかに積まれていくものでクレッシェンドしていくのですから。


川越へ

posted by take at 16:40| 活動報告

2018年06月10日

今日のは見てもつまんないから見ない方が


ある音大で、練習レッスン全てにおいて、金管の人は「水抜き雑巾」を必ず用いるようにとのお達しが出たと聞いた。


むぅ〜〜〜ん

そこはですね、まあ、みんな突っ込まないできた聖域でしたが、ついに突っ込まれましたか。

きっと弦楽器かピアノの先生からでしょーなー。木管の人たちは管楽器属として優しく同胞を理解してくれているはずだし、打楽器はそもそも金管属と同類なので、我々が水を抜いていることに気付いてない可能性がある(ご、ごめん、叩かないで☆)


もう御触れが出た大学は仕方ないが、この波があちこちそちこちへ波及しないことを願おう。


ただ金管奏者の人の中には、自らイメージダウンに加担している人もいる。水抜きを

「つば抜き」

と呼んだりしている。

「つばじゃないから、水蒸気だからキャンペーン」

を何十年に渡りイメージアップのためにしてきたのに、そんな世相が読めない金管吹きのせいで起こっている圧力とも言えるぞ。


今一度、皆さん、あれは水です!!クリーンなウォーターです!!!

え?つばは全く入ってないか??

誰よ、そんなスライドの隅をつつくようなこと言うの。

あのクリーンウォーターのおかげで、大地から草木が生えてくる場合も、え?レッスン室に草木は生えない。いや、そらそうかもしれないが、そこはほら、おおらか朗らかにですね……


むぅ〜〜〜ん

(小声)そもそも話題にあげるのも、よくない方向か。

みなさん、今日のは見なかったことに。

このブログは読みおわったら自動的に消滅し、水蒸気と化すので、そのつもりで。


レッスン、ブロカート

posted by take at 21:19| 活動報告

2018年06月09日

ストレッチ


ストレッチが癖になり、日課にもなってきました。

沖縄へ行く飛行機、三時間の間にも二回くらいやったりもする。


一番気に入っているのは「しこを踏む」なので、人前ではちとやりにくく、うまいことスポットを見つけ人目をしのんで力士っている。

目標は千代の富士だが、我が足は千代のこぶくらいしか上がりません。

でも、必ず股関節の内側が「コキッ☆」と鳴ってくれ、これはこの動きじゃないとそうはほぐれないんだろうなあと実感しているので、つとめてやってます。

あと足を回したり、空中キックや、肩甲骨、首も何種類か。

全て整体の先生に教えてもらったもの。

10年以上前から、定期的に教えてもらっていたが、習慣化はしていなかった。

年齢的に身体が固まる実感が強くなったのかもしれないが、五分くらいのプログラムをやりきると随分軽くなった感じはあるし、血の巡りも良くなった気がするから、習慣化したのはとても嬉しい。

これで、更に速いパッセージが鮮やかに吹けるようになれば最高なのだが、そう思っていると、天上から神の声が。


「ストレッチのおかげで血の巡りが良くなり、同時に酒の巡りも良くなっているぞ。アルコールが神経を堕落させ、スライドも舌も遅くなっているではないか!!ふざけたこと考えず、酒を控え練習せんかっ!!」


お、遅くなっれます?よっぱっぴっちゃってて、速く吹けてる気がするんすけろ、ウィッ☆☆


レッスン、NTTレッスン


posted by take at 16:37| 活動報告