2018年06月18日

1日3時間で10年、9時間で3年


最近は『才能』について、有無だけで片付けない、科学的な研究もされているのだそうです。

ある研究結果によると

「学問でも芸術でもスポーツでも、世界レベルに達している人には、本人が自覚するしないに関わらず1万時間のそのことについての練習や努力を費やしている」

と。マルコム・グラッドウェルという人が、その著書に共感しやすい内容で説いています。


【一万時間より短い時間で、真に世界的なレベルに達した例を見つけた調査はない。 まるで脳がそれだけの時間を必要としているかのようだ】

【「練習をせずに天才的才能を発揮する人」も「いくら練習をしても上達しない人」の両者もいなかった】

【モーツァルトは3歳から練習をはじめ、5歳で作曲した頃には、既に3500時間以上の負荷をかけた練習をしていた】

【モーツァルトは、高く評価されたピアノ協奏曲ジュノム(K271)を作曲したのは21歳の頃。作曲を始めてから傑作を予に送り出すまで20年以上かかっている】

【不世出の天才モーツァルトでさえ、本来の才能を発揮するのは作曲時間が1万時間を過ぎた後なのだ。訓練は優れたレベルに達した後ではなく、優れたレベルに達するために行われる】


またこんな言葉も。

【千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす】

これは剣豪宮本武蔵の言葉。

「鍛錬の鍛とは千日の稽古、鍛錬の錬とは万日の稽古」を言うのだ、と言っているのだそう。

これを時間に換算すると、毎日3時間の練習、千日の稽古で3千時間、万日の稽古で3万時間となります。

「1万時間の壁を突破せよ」と言っているグラッドウェルと同様の意見だと理解できる。


1日3時間で10年、もし1日9時間頑張ったなら3年、万の時間を経験した時に、それまでの努力が「才能」となって開眼するのだと言っているよう。


信じるかどうかは人それぞれだが、実は「結果かなりの時間積み重ねたからできるようになっている」ということは多い。

私たちの記憶はとても曖昧で、「そこまでの時間経験はしてないよなあ」と、過去の自分の時間を短く見積もっていたりもする。


自分の未来、どこまでどれだけやれるのかは常に未知数だが、でも思ったより長く経験してきた今までの積み重ねこそが、夢を叶えるための、自分の持ち物としての宝なのなら、一心不乱に長時間を目指すのは間違った方向ではない気がします。


本当に手にいれたかったら、自分の時間を鍛練として夢中になって過ごすのだ。


夢中なゆえにあっという間に過ぎるのだとしたら、あっという間に一万時間目はやってくるのかもしれない。


N響練習

posted by take at 19:56| 活動報告

2018年06月17日

プーランクと生きた一日


プーランクの作品ばかりのコンサートを聞く。

フルートソナタ、オーボエ・ファゴット・ピアノの三重奏、クラリネットソナタ、トランペット・ホルン・トロンボーンのトリオソナタ、木管五重奏とピアノのための六重奏、アンコールの歌曲「愛の小径」のアレンジまで、全てフランシス・プーランクの産物。


演奏が全て素晴らしかったこと、ホールもピアノも魅力的だったこと、満席の客も良いムードだったこと、あらゆる条件が全て揃い、とても楽しく充実した二時間になった。


一人の作曲家だけでとなると

飽きてしまうのでは?

作品の出来で良し悪しを感じてしまうのでは?

などと不安になりがちだが、今日に関しては全くの危惧。

シリアスだったりアグレッシブだったり、情緒豊かだったりユーモラスだったりする彼の作品。その多面的な顔をあれこれ見つめていたら、飽きるどころかあっという間に時間が過ぎてしまった。


以前テレマンだけのコンサートを聞いた時もとても楽しく聞けた。あまりしらない人生のエピソードを紹介しながら、若き日の作品、たくさん産み出されていく時代の作品、そして晩年のものまでを紹介してくれた。

自分のそれぞれの世代のメンタリティや生きざまと比べたりしながら、変化したり熟成したりしていく作品を続けて聞くのは、音楽の魅力だけでなく、一人の人の人生の魅力をも楽しむような一面がある。

今日も、年代はランダムに並んだが、若き日から晩年まであらゆる時代が網羅され、一人の天才の人生を速回しで見つめられたようなお得感もあった。


テレマンの時も感じたが、演奏家たちがそんなプーランクを心からリスペクトし、そして楽しもうとしているのは一目瞭然だった。

それは彼らの豊かな人間性を証明するものであり、人数分の憧れと愛が、矢のように天上のプーランクに向けられ放たれた瞬間、奇跡のような愉悦がホールにいる私たちに降り注いだのだ。


これこそが、音楽会という徳なのだと心底感じながら、心地好く浴びるばかりの昼下がりになりました。


休日

posted by take at 18:58| 活動報告

2018年06月16日

黒酢の可能性


品川駅構内の手述べうどん屋『水山』にてアフタぬんズルズルすることに。

今日はここの看板メニュー「黒酢あんかけうどん」にしよう。


「お待たせしました。黒酢あんかけうどんです」

お、きた………と思ったらとなりの客のですか。そらそうだ、彼の方が先に座ってました。

「黒酢あんかけうどんください」

そう、向こうのお嬢さんもそれ食べたいんだね。

「黒酢あんかけうどん」

あら、おっさんも……あら、兄さんも。

周り中どえらいメン・オン・ブラック人気である。


ずるずるやりながら、どの部分が現代ニーズだろうと考える。


やっぱり黒酢なんだろーなー


黒酢といえば、昔からあり身体にもいいと言われていたようだが、料理となれば店に登場しはじめたのは、そんなに昔じゃない気がします。


ということで、僕がやるならシリーズ第3弾


黒酢料理専門店『酸多黒酢』
――ブラビもびっくりなブラックビネガーっぷり!!腹黒サンタも大好きな当店は年中無クローズ!!!――


人気第一位
「黒酢あんつけめん」
野菜たっぷり入ってます

第二位
「黒酢マリネ」
ギョッ!!白身魚も真っ黒に?

第三位
「黒酢ヌタ」
ネギ、ワカメ、ウド、イカ

第四位
「黒酸辣湯麺・黒あんかけ炒飯セット」
腹んなか、真っ黒でいっぱい

第五位
「黒酢ダコ」
黒酢とタコスミの合わせ漬

第六位
「バターチキンマトン黒酢カレーうどん」
ライスかナンがつきます


どうです?流行りますかね、うちの店。


N響定期

posted by take at 15:10| 活動報告

2018年06月15日

生きていっていい理由


若い人は実感しにくいだろうが、人は本当に「生かされている」のである。

これは、周りや社会に生かされているのだから感謝の気持ちをもって…というのとは違う意味で書いてます。ご飯の話でもない。


くたくたに疲れていた僕が、オーケストラの指導をしながら気づいたらやたら元気だったという体験。もちろん体力は奪われていってるわけで、気をつけないと身体壊してしまう可能性もある話だし、見方によっては麻薬のような魅力かなと。

ただこの経験で


今まで僕が生きてこられたのは音楽に携わってきたからだなあ


と心底理解しました。

こんなに無条件に没頭できること、身体すら元気にしてしまうことをやれてきたおかげで、満足感と共に、自覚は薄かったが生きる目的が持てて、精神が保たれてきた。

音楽でなければ違うことをしていたのだろうが、はたしてここまで生きつづける糧になるような相性だったかどうかは、正直自信が無い。

中学入学時の木村くんからの言葉

「ブラバン見に行こ」

も、竹林先生の

「吉川くん熱心にトロンボーンしよるけん、一高の音楽科行かんな」

も、僕を今まで生かし続けた【命の言葉】だったのだ。


実は家人にも、今そんなことが訪れている。趣味で吹いてきたホルンもたいがい熱心だが、学びはじめて三年ほど経った絵

これに没頭する姿がハンパないのだ。


家でももちろん描くが、絵画教室ではレッスンの時間以外も残ることができたり、休みの日も行って描けたりする。

聞くと五時間六時間があっという間だと言うのだ。驚くほど時間が経つのが速く、気がつくと身体がバキバキになっていると。

時々ストレッチしてと言うと、そう思って気がつくと三時間くらい経ってしまっていると。


今の彼女は絵を描くことに生かされているのは間違いない。


若い人は実感しにくいだろうが、人は何かに生かされると、実は充実した人生を送ることができる。

関心興味は取り組みに繋がり、工夫や学びは、成果へと繋がっていく。


自分の出せた成果は、生きていっていい理由を自分自身に与えてくれるからだ。


N響定期

posted by take at 11:25| 活動報告

2018年06月14日

釜あげうどんの可能性


カツカレーうどんはどや?!

と叫んだ翌日、意気揚々と品川シーサイドを歩いていたら、とある店のランチメニューに『カツカレーうどん』と。

時代の先を行っている気がしながら、まるで置いてかれてる実感が多い今日この頃……


釜あげうどん専門店をやるならこれじゃ!!のコーナーです。

あらためて釜あげうどんについてお勉強

【通常の水で締めたうどんのようなコシやエッジがなく、表面にはぬめりがある。うどん内部の熱によってデンプンのアルファ化が進行するため、放置すれば時間の経過とともに食感が変化していく。一般のうどん店では、うどんを茹で汁と一緒に桶に盛り、ざるうどんのように猪口に入れたつゆと共に供される。讃岐うどんの製麺所や家庭などでは、鍋から直接丼に手繰り寄せ、その上からつゆや生醤油をかけて食べることもある(釜ぶっかけ、釜醤油)。生卵を加えたものは釜玉うどんと呼ばれる】


簡単に言えば「うどんの刺身」ということですね。食する上でもっともフレッシュ。劣化も最速と。


どこにもない(であろう)メニューを誇る釜あげうどん専門店


『あげたて屋』
(勘違い入店客大歓迎)

――当店はあげもの屋でありながら、胸に熱いものが込み上げることはあっても、もたれることは一切ありません――


人気第一位
「釜あげチーズフォンウデュン」
シルキーの極み、熱々やわらかなうどんと熱々やわらかなチーズの絡みは、もうたまらない、ラグジュアリーマリアージュヘブンへの誘い

第二位
「釜あげかた焼きうどん」
釜あげうどんをパリッパリに焼き上げます、う〜ん、どうでしょう

第三位
「極辛釜あげ」
真っ赤なトンガラシだし汁と、ふわふわうどんのツンデレ体験

第四位
「釜あげうどんコロッケ」
あげたてを入れたあげたてを、あなただあげにあげたい

第五位
「釜あげ一本麺」
一気にすすりきる一気食いもマニアの間で密かに人気、フレッシュを最も楽しみきれる唯一の一品やけど、ヤケド必至

第六位
「バターチキンマトン釜あげうどん」
ライスかナンがつきます


どうです?流行りますかね?うちの店。


N響練習、川越へ

posted by take at 10:38| 活動報告