2018年05月26日

地口たる思い

IMG_8748.jpg


旧東海道、新馬場から北品川沿いに立つ街灯電柱毎に、地元小学生の書いた地口が貼ってあり、面白すぎて流し読みできず、なっかなか品川に着かない。弥次喜多も腹を抱えながら、品川宿にたどり着けない土佐。


地口(じぐち)とは、言葉遊びの一種で洒落とほぼ同じ意味をもつ。

まあ駄洒落ですね。落語においても話の終わりを地口で締めるのを地口落ちというらしいのですが、安易でもあるので落ちの種類としては低いものとみなされているよう。

初午祭に、行灯に地口とそれに合わせた絵を描いた「地口行灯」を飾る稲荷神社もあるとのこと。

これの小学生版です。

これがですねぇ、なかなかの天才っぷりに、日本の未来は明るく感じる僕を不安を感じる皆さん。

いくつがご紹介。


「会社に入れば社長に従え(郷に入れば郷に従え)」三年生

そのとーり!とーちゃんが出世出来ない理由を、三年生で既に正確に理解している怖さ。でも君も会社に入れば、反旗を翻して戦ったりするのさ。大抵は社長についていけばいいはずだが……


「河童の皿流れ(河童の川流れ)」四年生

河童くん今頃探しとんのやろねー、皿。なぜだか山瀬まみが……


「うに二つ(瓜二つ)」四年生

こ、これ、ひとりで食べていんですか?マジっすか!ま、マジでいいんすか!!!……あ”〜〜っ、僕のうにっ!!せんぱーいっ!!


「父も歩けば居酒屋にあたる(犬も歩けば棒にあたる)」四年生

これはもう哀愁さえ漂ってますね。妄想できるパターンはふたつ。グチグチ怒る母親に息子が「まあママ、そんなに怒んないでさぁ、パパも色々大変なんだからさあ。あんな社長(知っとんか!)に従わなきゃいけないんだからストレスも溜まるわけよ。居酒屋に寄るくらい勘弁してあげなよ」



ペロンちょ午前様ダンナの奥さんへの言い訳。「い、いやあにょね…オレがいざかやにぃに寄ったんぢゃないんだよ、ウィック!!歩いてたらねっ、居酒屋のほーから当たってきたわけさ……」

その後どうなったかは、神も知りたくもない。


「親も歩けばおとしあなに落ちる(犬歩けば再び)」四年生

これはなかなかに切れ味鋭い子供目線ですよ。「お父さんもお母さんも偉そうに言うけどさ、大人だから親だからって、緊張感なく過ごしてたら、どこに穴があるかわかんないんだよ。私だってまだ小学生だけど、色々思うことはあるんだしさ……」

ひ、ひぇ〜〜


「犬も歩けば恋におちる(もういっちょ)」四年生

まあ〜素敵っ。元ネタ同じでも、人生で目指すものの違いが既に小学生ではっきりと滲み出てるね。「犬でも歩けば恋に〜」になると独身男女への当て付けだし、「犬ですら歩けば〜」になると人間は泣くしかありません。ワーンワーン(TΔT)


「知識も積もれば天才となる(塵も積もれば山となる)」四年生

そのとーり!この子は凄いことがわかっている。


「立つ花嫁バージンロードを濁さず(立つ鳥跡を濁さず)四年生

美しいんですがー、この四年生女子はちょっと怖いね。


「言いわけより証拠(論より証拠)」四年生

ですね。してもムダ。最初から言いわけすんな。


「知るが仏(知らぬが仏)」四年生

はは〜っ、そのとーりでございますっ。もう言いわけも何もございません。四年生で既に仏の境地。


僕も負けじと

「いつまでもあると思うな俺のうに」
話に夢中になってないで、みんな食べてる時に食べとかないからー。


「急がば回れ右」
勇気を持ってリセットからの新しい行き方(生き方)を


「犬も歩けば足が棒」
パトラッシュのぼやき


最後に三年生の女子のピカソ級天才作品を


「花も鼻もある(花も実もある)」


チョキパア


N響練習

posted by take at 15:39| 活動報告