2018年05月09日

目標


いろいろ思い悩んだりもする。歴史や伝統や文化、気質、好むスタイル、陥りがちな壁。


しかし、やはり全てを混ぜ合わせて考えても、目指すべきは


「技術は世界レベル。表現、その最終結果はやはり日本人でしかなく」


にしたい。


日本人でしかなくというのは、諦めや妥協ではありません。本当に日本人が一番好む表現は、外国人のそれとは結局何か違うと、そう目指したいということです。


僕も生徒たちも、成功を感じたり闇に突っ込んだり、心が凹みまくったりと、波を感じながらの旅をまだまだ続けていくことになる。


楽器と我が人生は、かくもエキサイティングに過ぎるようだ。


N響定期練習

posted by take at 18:22| 活動報告