2018年04月22日

白鳥


今回のN-craftsのツアー、後半はサンサーンスの動物の謝肉祭をやりました。

あの「白鳥」も、ソロ以外で初めて演奏。あまたある楽器、そのほとんどで演奏され録音されている、実は数少ない名曲だと思います。

弦だろうが管だろうが鍵盤だろうが(歌もあるかも)、演奏する人間は誰しもが経験し表現したくなる曲なのでしょう。


美しいし歌えるし。優美でほんのり切ないが、でも深刻さはない。


ほとんど全ての楽器でという曲は、考えましたが意外に無い気がします。白鳥ばかり集めたCDもたしかありました。

さらりとさりげなく表現するもよし、今月のANA機内オーディオで聴けるマイスキーのように、濃い味付けの表現よし。


白鳥含め鳥が全て嫌いだという女性は何気に多いが、サンサーンスの霊感が生んだ音による白き鳥、その美しさを拒絶できる人はほとんどいないようだ。


美しき鳥が流れゆく、これぞ名曲です。


室内合奏団、レッスン、ブロカート

posted by take at 16:44| 活動報告