2018年04月19日

カラーズな1日


実は、今月来月と続けてアッペルモントのカラーズを演奏します。

今月は29日、東邦音楽大学・東邦音楽短期大学卒業生による 学園創立80周年記念ウインドオーケストラ・コンサート
時間 16:00〜17:00 (開場15:30)
場所は大学のグランツザールにて

5月は東京ガス吹奏楽団の第40回定期演奏会にて
5月18日(金)18:30開場 19:00開演
場所は東京オペラシティコンサートホール「タケミツメモリアル」


今日は東京ガス吹奏楽団との初合わせでした。まだ時期的には早いのですが、一度雰囲気を感じたいとのことで、浜松町の東京ガス本社の練習場を訪ねました。

紹介されバンドの前に立つと、なぜか皆さんから笑いが。

寝癖か?チャックか? 口周りにカレーでも?

「かぶってますね(笑)」

シャツのテイスト、ズボンの色、茶色の靴まで、マエストロとカラーズが同じ。

彼は佼成ウィンドオーケストラのホルン奏者、上原君。実は年齢も一緒。お互いカツラはかぶってませんが、かなりかぶかぶしてしまいました。


実はですね、それ以上のかぶりが本日ありまして。


もうひとつの東邦のカラーズ。依頼されたのは東京ガスより後なのですが、設定されていた数少ない練習の初日が今日。

つまりカラーズの初合わせの日時も綺麗にかぶってしまったのです。


ありえないようなグーゼンですよね。


そんなに頻繁にやらないコンチェルト、依頼された曲がかぶり、ありえない初合わせかぶり。

東邦の方は、とても優秀な弟子にソロの代奏をお願いしました。

彼女が楽聖のとき、カラーズのレッスンしたことを思い出します。


「とてもいいね。素晴らしい。よく理解できてるし自分のものになってる。唯一問題にするとしたら、僕の演奏に似ているとこだね(笑)」

「よく先生と似てるって言われるんです(笑)」


どこまでもかぶり続けた、カラーズな1日になりました。


川越へ、カラーズ合わせ

posted by take at 11:22| 活動報告