2018年04月15日

言わなくてもよいこと


今家人は、次回のブロカートのチラシ用に、ベートーベンとブラームスを描いています。

どちらもイケメンだが、特にベートーベンは、彼女のリスペクトも筆にのっているように見える。

そう伝えると、「ブラームスの方はまだ描ききれてなくて」と。

ブラームスも憧れの筆になるとどう仕上がるのか。とても楽しみです。



その絵描いているところを見たあるご婦人が

「私先日ウィーンに行ってきたの。本当のベートーベンって、この顔じゃないんですって」

と言ったらしい。


言わんでいいこと、言わんでよろし!!


思わず叫んでしまう。本当、自戒の念も込めて。


人は本当に言わなくてもいいことを言ってしまう。言っちゃいけないことまではたどり着いてなかったりするが、言わなくてもよいことは、言わない方がいい。なぜなら、いろんな意味で一方通行的に放たれることだから。


「人間たるもの、言わなくてもよいことは言わない」

小学生のときに、いの一番に教えてもいいことなんじゃあないでしょうか。

だって…

本当に生きるのが上手い人は、何が言わなくてもよいことなのか、そして言わない方がよい理由まで直感で細やかにわかる、ゆえに言わなければならないこともわかる。

そんな人だから。


室内合奏団、N響定期

posted by take at 22:58| 活動報告

大人の京急


夕方くらいになると、京急のホームは、帰宅の人たちでごったがえす。

遥か彼方の三崎口まで本当に長旅ができる京急なので、僕のようにチョイノリからガッツリノリの人まで、さまざまな乗客が、まさにるつぼる。


ホームに小さなセブンイレブンがあり便利。

そこで買ったのだろう、サラリーマンが350のスーパードライを飲みながら、電車を待っている。


……家まで待てないのかな?きっと遠いんだろうなあ。


快特が来た瞬間、飲みさしの缶をスーツの内ポケットに入れ、満員電車へともまれにいく。彼なりのマナーなんだろう。


……どこかで空いたら、残りを飲むのかなあ。


もしかしたら、ホームで何口か、ちと我慢して、空いたら残りを飲むことを一日のささやかな楽しみにしているのかもしれない。

飲まない人からすると迷惑に感じるかもしれないが、ガッツリ働き長距離を往復するサラリーマンの本当に小さな幸せを、おおらかなハートで許してあげてほしい。


ふと……

一番後ろの一両くらい「飲酒車両」にしてあげたらどうだろう。

中には立ち飲みテーブルがあり、自販機にトイレも。知らないサラリーマン同士も、お酒の力でフレンドリーからの、長旅ストレス軽減に役立ちそう。

喧嘩した場合は次の駅下車からの、ブラックリストで再利用不可。


名前はもちろん『大人の京急』。車掌おおらかなおよろし。



N響定期

posted by take at 20:02| 活動報告