2018年03月14日

ねば〜・エンディング・ストーリー


近所の飲み屋『がむしゃら』には、かつて「ねばねば三種盛り」なるメニューがあった。

納豆とオクラ、山芋を自分で海苔に巻いて食べるのだが、これがなんだか好きで、ずっと頼んでいた(復活してほしい)。


合宿の宴会なんかでも、乾きものだけではもの足りず、ちょっとでもぬれたもの(塩辛やたこわさがあったら最高)を買ってきてもらったりしてたので、ウェット好きな自覚はあった。

しかしここ数年で、ねばねばがかなり好きであることに気づいた、なんとも健康的であり、話がねばい自分がいる。


最近家人が朝食に用意してくれる丼なんぞ、しっぽを回し振りすぎてちぎれてしまうほどだ。

ご飯に納豆、オクラ、めかぶ、アボカド、山芋たち、日によってこれらの組み合わせが変わるが、卵の黄身、だし醤油をかけて混ぜて食べる。

ほら、最高っしよ。

ナメコ、ワカメ、もずくなんかもいいなあ。

これらが全部乗ってる丼あったらどうしよう。


『なっとオクラ山いもずくナメ昆布ワカめかぶネバネバ丼』


さっ、最高やあっ!


陸上自衛隊レッスン

posted by take at 19:22| 活動報告