2018年03月12日

彼らは知っている


それなりに長く勤めているオーケストラのステージスタッフは、楽員全員の人間性をかなり正確に把握しているのではないかと思う。

それは我々楽員以上に。

100人以上楽員がいると、僕らが親しく話す人は実は限られてくる。弦楽器の中には、一言も会話したことがない人もいる。

しかしステージスタッフは、全員とコミュニケーションをとっているはず。彼らが個別にむらなく報告するステージ上の段取りなんかがあったりする。

しかも重要な仕事の内容として、我々から頼まれ事をされることが多い。人は頼み事をする時に、人間性が分かりやすく表現されると思うのだ。

その表現は多種多様だろうから、それぞれを比べるという意味でも、各々のことはよくわかるのだと思う。

もちろん彼らが仕事にのみ熱心で、人間観察に興味がなければ、理解には繋がらないだろう。

しかし、全体とコミュニケーションをとる裏方という人たちは、かなり正確に人間性を把握できる立場だと思うのです。


当然自分も測られてるだろうから恐ろしくて絶対聞かないが、周りだけでなく自分がどんな人が知りたかったら、彼らに聞くのが最も正確なのだろう。


N響益田公演

posted by take at 21:51| 活動報告