2018年03月16日

ベンザブロック


先月のジパング新年会中に、リビングのトイレのウォシュレットが壊れ水が止まらなくなるという、コマーシャルでよく見るシーンが現実になり、クラシアンの人が来て見てくれるというシーンも現実になり、器具で水を止めてくれるというシーンも現実になった。

コマーシャルと違ったのは、昼間だったのに我が家が大宴会中であり、対応した家主はベロベロに酔っぱらっており、クラシアンの若者による水のトラブルの対処の間も、宴会は酒のトラブルもなく、盛り上がりの手も弛むこともなく。

きっと彼は夜の居酒屋のトイレに呼ばれたような気持ちで仕事をしたのだろう。


で、18年間頑張ってくれたトイレはまるごと交換しなければならないことになった。電気系統は完全にアウトで、ウォシュレットもだが、便座が冷たい態度しかとってくれなくなったのだ。

で、今日の新調の日までは、毎日座る度に

「冷やぁ!」

と声をあげており、まるで元気よく冷酒を注文する人みたいになっていた。

今日帰宅すると、新しく綺麗なトイレが温かく迎えてくれるという幸せが待っていた。やはりあたたかい家庭が一番だ。


ちなみに取り付けに来てくれたのは、修理のときと同じ若者。きっと「今日はやってないんだな。絡まれなくてすむなあ」と思ったに違いない。

僕はあのときかなりヨッパッピーで記憶がないのだが、器具ひとつで瞬時に水を止めた彼は、きっと水もしたたるいい男だったのだろう。


川越へ

posted by take at 14:03| 活動報告

2018年03月15日

はあ?オールドあー言う


0才 野原ひまわり
1才 いくら
3才 タラ
4才 ハジメ
5才 野原しんのすけ  おじゃる丸
7才 江戸川コナン
8才 ハイジ
9才 ワカメ さくらももこ
10才 パタリロ 荻野千尋 野比のび太
11才 カツオ
12才 クララ さつき
13才 キキ
15才 アムロレイ 矢吹ジョー
16才 ナウシカ アシタカ 兜甲児
17才 ルフィ
18才 ケンシロウ  森雪 古代進
20才 キン肉マン シヤア
24才 サザエ ドロンジョ
26才 マリオ 冴羽撩
27才 アナゴ 山岡士郎
28才 マスオ 則巻千兵衛 ムスカ デューク東郷 ブラックジャック
29才 銭形警部 野原みさえ
30才 トンズラー
33才 星一徹
34才 課長の島耕作
35才 野原ひろし 両津勘吉
36才 ポルコロッソ 野比のび助 イヤミ
40才 さくらひろし
41才 バカボンのパパ
48才 フネ
52才 沖田十三 吉川武典
54才 波平 佐渡酒造
70才 おんじ
76才 さくら友蔵


N響練習

posted by take at 16:04| 活動報告

2018年03月14日

ねば〜・エンディング・ストーリー


近所の飲み屋『がむしゃら』には、かつて「ねばねば三種盛り」なるメニューがあった。

納豆とオクラ、山芋を自分で海苔に巻いて食べるのだが、これがなんだか好きで、ずっと頼んでいた(復活してほしい)。


合宿の宴会なんかでも、乾きものだけではもの足りず、ちょっとでもぬれたもの(塩辛やたこわさがあったら最高)を買ってきてもらったりしてたので、ウェット好きな自覚はあった。

しかしここ数年で、ねばねばがかなり好きであることに気づいた、なんとも健康的であり、話がねばい自分がいる。


最近家人が朝食に用意してくれる丼なんぞ、しっぽを回し振りすぎてちぎれてしまうほどだ。

ご飯に納豆、オクラ、めかぶ、アボカド、山芋たち、日によってこれらの組み合わせが変わるが、卵の黄身、だし醤油をかけて混ぜて食べる。

ほら、最高っしよ。

ナメコ、ワカメ、もずくなんかもいいなあ。

これらが全部乗ってる丼あったらどうしよう。


『なっとオクラ山いもずくナメ昆布ワカめかぶネバネバ丼』


さっ、最高やあっ!


陸上自衛隊レッスン

posted by take at 19:22| 活動報告

2018年03月13日

さいきょうぎょらんめし


山口宇部空港から帰京。

最近の山口土産イチオシなんでしょうか、本格的なチーズ入りちくわがガンガンPRされており、それたちや、ふく(河豚)カレーなどを買ったのですが、ふと


「久しぶりに明太子を買って帰ろう」


と、無着色5はら入りも購入し帰宅。


早速お昼ご飯に「明太子茶漬け」としていただく。

贅沢に一人ひとはらだっ。


日頃の明太子といえばやっぱりコンビニのおにぎりになっちゃうし好きでよく手に取るんですが、まあ、ちょこっとしか入ってないじゃないすか。「明太ちょ子っ」みたいな。

茶漬け一杯をひとはらで食べて思ったのですが、やっぱりこの食べ物はこれくらいを贅沢に大人食いして、本来の美味さがわかるというかなんというか。

若い頃、九州の生徒から貰った明太子を、あつあつのご飯一杯でひとはら食べて、あまりの美味さに大人の階段をスキップで一気に上がったのを思い出します。

パスタやバターとの相性もバッチリなので、明太子とイカ、めんたいクリームパスタなんかも好きですが、やはりシンプルに


『あつあつごはんと明太子ひとはら』


が最強の魚卵料理ですね。


帰京、川越へ
書いた後いくら丼を思いだし悩んだが、今日はやはり明太子の勝ちにします。

posted by take at 20:11| 活動報告

2018年03月12日

彼らは知っている


それなりに長く勤めているオーケストラのステージスタッフは、楽員全員の人間性をかなり正確に把握しているのではないかと思う。

それは我々楽員以上に。

100人以上楽員がいると、僕らが親しく話す人は実は限られてくる。弦楽器の中には、一言も会話したことがない人もいる。

しかしステージスタッフは、全員とコミュニケーションをとっているはず。彼らが個別にむらなく報告するステージ上の段取りなんかがあったりする。

しかも重要な仕事の内容として、我々から頼まれ事をされることが多い。人は頼み事をする時に、人間性が分かりやすく表現されると思うのだ。

その表現は多種多様だろうから、それぞれを比べるという意味でも、各々のことはよくわかるのだと思う。

もちろん彼らが仕事にのみ熱心で、人間観察に興味がなければ、理解には繋がらないだろう。

しかし、全体とコミュニケーションをとる裏方という人たちは、かなり正確に人間性を把握できる立場だと思うのです。


当然自分も測られてるだろうから恐ろしくて絶対聞かないが、周りだけでなく自分がどんな人が知りたかったら、彼らに聞くのが最も正確なのだろう。


N響益田公演

posted by take at 21:51| 活動報告