2018年03月26日

進化せよ


元力士が、昨今の暴力問題についてコメントしている。

「難しいですね。自分の時代は普通でしたが、愛情あるムチかどうか。悪いことしてるのに、無関心になると育たないし」


暴力問題やハラスメント問題、おそらく年長者の大半が自分の辿ってきた道と照らし合わせ、線引きの頃合いを探しているのでしょう。

どこまでが愛のムチでどこからが暴力なのか。


いろんな人が「愛情はないとだめだ」とか「怒らなくなるのは良くない」とコメントしている。


僕も当然そう思いながら、実は大事なポイントはそこではないと考えています。


昔と今、スタイルがどうこうではなく、教育やコミュニケーションの場面では愛情も無関心も同じように存在してきたはずで、それぞれの結果も何も変わらず同様なのだと思います。

だから語るべきところはそこではない。


実は僕は、テレビや日常会話からはまだ一度も聞いてない、あるワードをずっと考えている。それは


「進化せよと言われている」


ということ。自分の教育スタンス含め社会から、いや天上から、今までとは違う、もっと進んだ方策を身に付けなさいと言われている気がするのです。今までが良かった、いや良くなかった、ここまでは大丈夫という話ではなく。


ネット社会になり、人の気質、その求められることが急速に変わっていっている。ちょうど今、そのスピードについていけてない人が特に多い時代になっているのでしょう。


自分の今までは良きも悪きも肯定し、全てが人生の糧になっていると考えるのが人間。昭和までの上意下達、愛のムチ、以心伝心で苦しみの中からはね除けて学べというスタイルも、それがあるから今の自分があるというようにしか思えず、そこから脱却できない部分が、実は僕自身にもある。

一億三千万総GPS装着時代。過去の秘められていたゴシップまで引き出され、清廉潔白であれ、白黒はっきりしなければならないという情報露呈時代において、価値観の主流が変わっていく世代、その台頭により教育もコミュニケーションも「あの頃の自分の経験」では、ハウリングが起こっている。

その内容に、愛情がとか感心そのものではなく、それらがあるから故に「進化を遂げよ」と求められているのではないでしょうか。


洗練と進化。


暴力に代表される身体に対する直接的ダメージは当然あり得なく、言葉によるダメージも本当に効果に繋がるもの、ダメージと捉えられなくて済むものを。


「そんなことじゃ、これからの世代は軟弱になるだけじゃないか」と考える人は、その考察の向きそのものも進化する必要があるのでしょう。

前の世代からすると私たちの環境も軟弱なはずで、しかしそれでも大半の人は逞しく生き抜いているのですから。


進化せよ。未来が現代の私たちに向かってそう言っている。相撲界へ、レスリング界へ、政界へ。

そして、僕自身に。


川越へ

posted by take at 18:25| 活動報告

2018年03月25日

裏社会


リズムというのは、正確なタイミングで音がくるというのが大事というイメージですね。

実はその時間的な位置だけではなく、演奏家がどう感じながらそのタイミングで吹いているのかがとても重要。それによって、同じタイミングでもニュアンスが変わってくる、


具体的に言うと、演奏した音の長さに対してその半分としての後半のタイミング、つまり裏拍が感じられているかどうか。

これが演奏を立体的なものにすることによって、音楽的のりからの、説得力豊かな流れが感じられる演奏となる。


この「裏のタイミング」が感じられてない場合、リズムが滑ったり間延びしたりと直接的な不快に繋がる場合は多いが、例えばメトロノームでガンざらいし、慣れて、正確なタイミングとして音が発せられたとしても、平面的で軽々しく、止まったような表現になってしまう。


体内における裏拍の存在こそが、演奏を立体的にする。


この、裏社会と共存しながら生きるために必要なのは、下半身から上半身にかけてのリラックスが必須だが、実は


「ある程度の抵抗感」


がとても大事なのだと思う。無抵抗に近くなればなるほど、表社会にしかならなくなり、裏家業は存在しにくくなる。


息の流れをスムーズにするために抵抗を無くしていくのは大事だが、それは自分こそが抵抗というフィールドに向かって行き、自分の唇の振動の進化により手に入れるものだ。

裏の世界を理解し、自らの中に存在させることで、演奏という社会は本物へと成長していく。


実は弦楽器が松ヤニを塗るのも、深みへはまるという意味としても、裏社会への道筋なのだと思う。


ブロカート

posted by take at 12:18| 活動報告

2018年03月24日

凄く食べてしまう


二年ぶりだと思うが、若者に会うとかなり恰幅が立派になっていた。


「食べるのが好きなんですよね」

そうなんですよね、見ればわかります。


「どんくらい食べるの?」

「お米はとにかく好きで。炊くのは三合から二合に減らしたんですが……」

既に炊飯器からも強者の湯気が上がる。


「外食で三人前くらい食べちゃうんです」

「三人前!!!大盛りじゃないね、そーなると。それは一軒であれこれ食べるの?はしごするの?」

「一軒でも食べますが、はしごもします。スシヤキニクラーメンみたいな」

「ちょっと待て!今ひと品の名前が如く、さらりと凄いこと言ったな!!寿司、焼肉、ラーメンを続けていくのか?!」

「はい…」

「寿司は回るやつでしょ?なん皿くらいいくの?」

「いえ、回りません」

別口から入った彼の食情報では、大食いな上にグルーメンになってしまったらしく、SNSにアップされる焼肉とか寿司写メは高級感ハンパないらしく。

「まあ寿司は20カンくらいしか……で、焼き肉はとにかく焼きたいだけ焼いて…………で…ラーメン……」

僕の顔色を見て、さすがに申し訳なさそうにディミネンドしていく食量に比した声量。

「毎日じゃないんです(そらそーだろー)夜寝る前に美味しいものを食べきって幸せな気持ちで寝たいんです(わかるけどいくらなんでも)そんな日は朝昼抜いて、夜にとっておいて(夜を最高に美味しく迎えるために我慢するのね)」


「それさー、一日の状態にムラがありすぎない? そんだけ食べて消化するのにあまりにエネルギー使って、寝てる間に体力快復する方に使えないし、成長ホルモンもがんばれなくて、朝起きても疲れとれてないでしょ」

「…………だからか」


本人もさすがに良いとは思ってないようだ。若くして手にしている給料を、全てそこに使っているのだろう。お金ももたないので、引っ越しからのパターン改善を考えているらしい。


食べるのが好き、しかも美味しいのが好きというのは気持ち的によくわかるが、それでも自分でムラなく、そこまで食べなくても満足できるようにもってかなきゃねぇ。


ストレス発散が全てそれになっているようにも感じる。食以外にもプラス見つけることも大事。

彼の上司「彼女でもできたら変わりますかね」

「そうですね。この手の病には、それが一番のワクチンですね。ただ問題は、好きになった娘が“私太ってる人キライなんです”ってならいいけど、“たくさん食べる人がいい、美味しそうに食べる顔見るのが好き”って言ったら、もう歯止め粉砕ですね」

「嗚呼〜〜あいつそういう娘をわざわざ探して選びそうだ」


美食多食はかくも魅力的。夜な夜な飲んじゃう僕もよくわかるけど、一日も人生の時間も、ある程度限度のある満足感が必要かと。


体験レッスン

posted by take at 15:07| 活動報告

2018年03月23日

随分水分系潤生


先日「ねばねは好きだ」だと書いた話が糸をひくようだが、こんなことがあった。


地方から特急電車で帰京。発車の時間まで、駅横の居酒屋で仲間(若者)と飲む。

刺し身に煮込みにチキン南蛮辺りで、ビールから日本酒四合、二人で45分一本勝負。

更に車内で飲もうとハイボールの缶とつまみをコンビニで買う。

指定席をとっており独り飲みのつもりが、結局盛り上がった仲間と自由席で二次会をやろうと。

ガラガラの自由席からは居酒屋度として嬉しいばかりのハイテ(ハイテンション)が沸き上がる。ただ騒音や匂いは、人様の迷惑にしかならないので、ベテドリ(ベテランドリンカー)は、人里から離れた席を確保。小声でマナピ(マナースピーキング)を基本装備で、ジェーアール(ジェントリックアルコール)を楽しむわけでして。


若者も手にハイボールとつまみをもっている。

そのつまみから、日頃の食生活への趣向が垣間見られるのだ。


居酒屋では湿ったものばかりを食べたのだから、彼が「じゃがりこ」一箱で二時間SNSと対峙しようとしたのは不思議ではない。

問題は僕で


「うずらの卵と角切りベーコン」


そして「スモークチーズ」


乳脂ボ〜ンびっちりのウェッティな物を選んでいるではないか。

しかもうずらの卵とベーコンはビタビタ糸引きであり、指で食べると必ずウェティで拭かないとってなアブラリー。車内向きではないし、つまようじが必要だった。


ふと思う。


僕が若い頃でも、ポテチやじゃがりこなんかは手にとらないなあ。乾きとしてせんべい系、たとえばかきのたねを買っても、必ずチーズ鱈なんかもつけるなあ。

いかも、噛みちぎるのが大変なするめもいいが、どちらかといえばやわらかいかくんなんかを買ってしまう。

濡れテイストで柔らかいのがいいのか……


もしかしたら、海の近くで生まれ、今も東京湾に近い所に暮らす僕は、やはりウェットな生きざまになるべくしてなっているとか、前世水の中で生きておりそこから陸地に上がってきたんじゃないかとか。


なんのこっちゃですが、なんとなく乾いてない自分を感じます。酒も飲み過ぎちゃうし。でも潤いのある人生がいいなあ。

発酵し過ぎて、発考からの薄考なブログはいつかは枯渇するかもしれませんし、ずっと糸引くかもしれないし……


海上自衛隊レッスン

posted by take at 09:41| 活動報告

2018年03月22日

もうすぐコンクール


来週27日の火曜日、いよいよ第7回トロンボーンクァルテットコンクール・イン・ジパングが開催されます。

会場は、東邦音楽大学創立50周年記念館(東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅より徒歩3分)

審査は14時スタート。

審査員はジパングの四人、トロンボーンカルテットクラールの今込治さん、同じく黒金寛行さん、ハイブリッドトロンボーン四重奏団の小西元司さん、向井滋春4トロンボーンズ、ふぉおばすとろの堂本雅樹さんの8人。

課題曲は、過去何度か設定してきた定番曲、テレマン「4声のコンチェルト」より、アダージョとアレグロ。他に様々な自由曲が披露されます。


出場団体の皆さん、真摯なリハーサルが続いていることでしょう。回数と共に、驚くほど高いレベルになっているこのコンクール。皆さんの豊かな音楽性に期待大です。楽しみにしていますよ。


コンクールは120人と限られた空間。一杯になると入場できませんが公開になってます。


休日

posted by take at 18:53| 活動報告