2018年02月23日

道具に腕押し


今日は

『吹きやすい楽器やマウスピースを選ぶべきか』

について考えたいと思います。


「え?そんなん当たり前じゃないの?」

と思う人多いと思うのですが、僕は必ずしもそうとは考えてはいません。

このことを考える時、「いつ、どのように吹きやすいのか」について、正確に定めないと、考察自体の意味がなくなります。


まず「いつ」ですが、これは選んでいる時、つまりその道具とのスタート時点での話。ただ、吹き続けていった結果を予測できるタイミングか、の話でもあります。

そして「どのように」とは、いろんな意味で抵抗がなく感じられ、簡単に音が出てよく並ぶ、息がとにかくスムーズにたくさんたくさんいくらでも入る印象で、最初からまるで完成されたようないい音が出る、ということ。

実はこういうものほど、後々吹きにくくなり、ストレスの種になる可能性もあると思うのです。


新しいものを試した時は、実はそれまで吹いている道具との振動させ方や息の送り方で吹いています。

入手して1,2週間で最初の印象と変わってくるのは、徐々に新しいものへ相対するようになる、つまり自分が道具に合わせて変化していくから。

問題はそこからで「最初あんなに吹きやすかったのに、そこまでじゃなくなってきたなー」みたいな初期プチ倦怠期を迎えてから後の印象です。

どんどん積み重ねていくことにより「自分の日本語話術」のような自在を目指し鍛練したくなるよう、上昇を感じ道具に不安がなく信じられるか。

あるいはそうではなく、独特の行き詰まり感に襲われるか。


先日も書きましが、発音や息の入り方にバリエーションが感じられず、特定のやり口、しかも弦楽器や声楽のニュアンスのようなあらゆる表現ができるものではなく、電子楽器のような音の形にしかならないものだと、それ自体は魅力的であっても時間と共にいき詰まる。本能では様々やりたい自分には、融通の利かない扱いにくい道具となっていく可能性があります。

そういう意味で、必ずしもその観点で吹きやすいものが良いとは思えないのです。

反応良く音が出るのはいいと思いますが、その後伸ばす時に、支えてもらえるような抵抗が感じられず、息が持っていかれるような入り方をするなら危険。

それに合わせて発音が勢いと共にアプローチするようになり、抵抗が感じられないゆえに伸ばしている間はビートを感じるのが難しくなり、リズムやタイミングが不安でわからなくなる。

ビートを感じるというのは、ある程度の抵抗から支えがあり、自分が道具にかける圧力と帰ってくる圧力のバランスがとれてなくてはならない。

弦楽器だって弓に松ヤニを塗って絡むようにし、その抵抗バランスを作る。無さすぎると暖簾に腕押しみたいになり、ビートをどうこうより、意識が「なんだか大変」に支配されてしまう。

一番何も考えずにロングトーンができるような関係性を求めなければならない。表現に集中するために。

人間関係でもなんでもそうだが、あまりに無抵抗で、こちらのアプローチが一方通行的に放たれるばかりになる関係性というのは、とっかかりは良くても結局無思考、飽きから辛さへとの印象へとなっていくのだと思います。


東邦トロンボーンアンサンブル本番

posted by take at 13:45| 活動報告