2018年02月13日

ヤギりの私

2018021320230000.jpg2018021320390000.jpg2018021322030000.jpg


ハイジには無理やな


積年の恨み…もとい、積年の希望であった那覇でのヤギ料理、ついに実現っ!


いつもの友人たち、うちなんちゅうトロンボーン奏者たち、別名うちボンちゅう(たった今命名、ヤギだけにメーメー)、又吉君と真紀子さんが連れてってくれたのは、安里駅すぐそばの『二十番』。

店名の意味を楽聖に聞きにいかせる(自分で聞けよ)。

十八番(おはこ)よりも二段階上という意味で付けたらしいのだが、「でも十八番の次の十九番、で二十番だから、うちらは三番手さー(店主)」というオチ付き。


とにかく賭けである。

納豆の10倍はにおいの癖があり、はまれば大好物、ダメなら死んでもノーサンキュー(真紀子さん)らしいのだ。運命はめいめいに訪れてる(ヤギだけにメーメー)。


まずは刺身。新鮮な赤身と皮の部分は厚い豚耳みたいな見た目。見た感じ美味しそうさー。

バク……

うまいやんけ、なんの問題もない。フーチバー(よもぎ)と合う(又吉君)、泡盛と合う(又吉君)とのことで、うちなんちゅうの言い付けをきちんと守り、泡盛をぐぴっといく。

仕方ないなあー


次に「ちーいりちー」。これは内臓を血で炒めたもの。日本人的には血炒めと聞くと引く部分もあるが、外国にはよくある料理とのこと。

うまいやんけ、なんの問題もない。泡盛と合うと又吉先生が言うので、ぐぴっといく。

仕方ないなあー


最後がヤギリンピック金メダルへのハードル、この勇気あるジャンプは栄光への架け橋だ!の「ヤギ汁」

何故だかわからないのだが結構酔っぱらっており、まあここまできたら、いくしかないわと。

確かに一番癖がある。香水みたいな残り香を感じるのがヤギの癖の特徴か。


しかーし、なあーんの問題もない。


まだ若い楽聖には多少の抵抗があったようだが、長く人生を生きてきたベテランには、勇気凛々克服できないものはない。


那覇の夜、ヤギり切った私たち。まだ「毎回食べたくなる」ほどの扉は開かなかったが、それでも高い難易度を克服した自分への讚美の気持ちに高揚したまま(ただのヨッパッピー)栄町の夜のとばりに、再び泡盛を求めて沈んでいくのであった。


なぜだか、生まれたてのヤギのような足取りだ。仕方ないなー。


それにしても、ハイジには無理やな。沖縄では雪降らんから、ユキちゃんなんて名前津堅さー。


沖縄県芸レッスン

posted by take at 13:48| 活動報告