2018年02月10日

機上の小さな奇跡


高松の朝、どんよりとした雲と雨の音に迎えられた。

ホテルを出て小雨に濡れながらタクシーに。空港に着いた頃には、浴びたくないほどの雨がバラバラという音を放ちながら降りしきっていた。



離陸後、間もなく眠ってしまう。


それなりに眠っていたよう、「……降下をはじめます」というアナウンスで目が覚める。

寝ぼけた眼で窓の外を見る。いつもは通路側をとるのだが、今回は進路方向左の窓際だった。


……雪?


覚醒しない頭にとんちんかんな言葉が浮かんだ。視界の眼下は一面真っ白なじゅうたんに覆われており、それが広大な積雪のパノラマに見えたのだ。

美しいスカイブルーの下、雲が下界を覆い尽くしているのだと直ぐにわかったが、地平線水平線ならぬ空平線の彼方まで、そして視界の左右の全てに美白のじゅうたんが敷き詰められている。そんな雪国の白風景を凌駕するインパクトに、僕の心が小さく震えた。



き、綺麗だ……



飛行機は下がっていく。

青い空とは距離をおき、雲のじゅうたんにゆっくりと寄り添っていく。羽毛布団より柔らかいであろう、真っ白なフィールドに溶け入っていくように沈む機体。そのまま全身包まれていく。


もしかしたら、雲の下は暗くて雨だったりするんだろうか……


間をおかずして日本の大地が現れる。雲はさほどの厚さではなかったよう。

それもあり地表は晴れているようなカラーにも見え、少なからずほっとする。


再び、驚きの景色が眼前に現れる。

目線の遠くには、低い位置に雲海のようなエリアが見える。彼方まで続く天上の雲とその下に雲海。その二層の間に富士山が挟まれている。

雲海からそびえ立つ富士は、その山頂を雲のじゅうたんへと突っ込んでいる。幻想的な美しい煙から突き出た山は、その頭に天上全てをしたがえているようだ。


たまには窓際もいいなあ。


ヨーロッパ往復の際、二度と見られないだろうと思うような幻想的な景色に感動したことが何度かあった。

ただ、自由度の高い通路側を選ぶようになって久しい僕は、一期一会を人生の糧にするなら、自由ばかりが得じゃないなあと小さく反省。


飛行機は、人工的で未来テイストとも言える、直線に覆われた硬質な都市に降りていく。

夢世界から現実のフィールドへとランディングした瞬間、日常の時間へ連れ戻された気がした。


ただ、ちょっぴりいつもと違う気分。


機上の時間が、僕の中の何かを、ほんの少しだけ変えた気がしたのです。


帰京

posted by take at 14:44| 活動報告