2018年02月08日

お側にお蕎麦を

IMG_8438.jpgFullSizeR.jpg


麺好き日本人にとって、蕎麦との距離感は近いもんです。

電車の駅、構内や改札外等には、立ち食いがある駅の方が多いでしょう。

町を歩いても、直ぐに遭遇できたりする。住宅街で商店が少ない新馬場の我が近所でも、三軒あったりする。


世田谷美術館に「パリジェンヌ展」を観に行くために、千歳船橋、愛称ちとふなに降り立ちました。


寒いし、温かい蕎麦食べたいなあ


僕の希望に家人が調べてくれます。「よさそうな店あるよ」とのことで、駅近くの『一仁』へ。

ここがクリーンヒットどころか、9回裏ツーアウトツーストライクからの逆転場外満塁ホームラン級の御味(味ではない。御味だ)で、本当に幸せになりました。


温かい蕎麦と小せいろを。どちらのつゆも見事な御味。うま味、バランス共に素晴らしく、いつまででも味わっていたいもの。

何割とはめいうってないですが、八割以上ではあろう蕎麦は、香り豊かで、食感もつるりざらりのバランスがこれまた絶妙。

思わず「大抵の店がこうはいかないし、場合によっては冴えなさ過ぎるのあるけど、そこの店主がこの蕎麦食べたらなんて思うんだろう」と呟いてしまう。

そう感じるほど、日常美味しくいただいている蕎麦たちの中でも、群を抜いていると思ったのでした。


いいなあ、この店、うちの近所にあったらなあ。


贅沢ですかね。絶品寿司屋と絶品イタリアンに、絶品ケーキ屋さんがあるだけ幸せか。

でも蕎麦だしなあ。食べたくなる頻度高いし、近所にあってくれたら、週に何回も通うだろうなああ嗚呼。

幸せな気分で、おフランス女性の歴史をたどる時間へと旅たてた、そんな午後のひとときとなりました。


休日

posted by take at 08:40| 活動報告