2018年01月21日

音の命


音楽の音というのは、生きていなければならないと思います。

生きているというのは、生命力に溢れているということ。

具体的に言うと、心臓が動き続け、血液がサラサラ流れるように、時間と共に流れ続けてなければならないということ。

では何が流れるかと言えば、これは管楽器の場合は息に尽きる。

音量を上げクレッシェンドしていけばとりあえず方向性は見えやすい。

しかし、音量のように何かが「変わる」のではなく、血液のように「流れる」ということがとても大事。

特に金管は、ともすれば「鳴らす」ことの方を優先してしまい、結果音に力みがコーティングされてしまい、流れるというより「流れていない」「実は止まっている」という結果になることが多い。

この場合、音は死んでしまっているとも言える。「張る」という言葉で、この音の死を容認したがるが、結局音楽的魅力には乏しいものになる。

音が出ている以上必ず息は流れているのですが、血液と同じくドロドロ不等速か、サラサラスムーズかには大きな違いがある。


音は生きていなければならない。とても健康的な流れと共に。


N響観音寺公演
日本人の場合、流れることより、パワーとかよく鳴る等の方に意識が特化しがちかもしれない。自分含め、吹きすぎて結局止まっている傾向を感じます。

posted by take at 16:48| 活動報告