2018年01月16日

今日の残念


今来演している若いドイツ人マエストロ、ダーヴィッド・アフカムが、オーケストラに練習番号を告げた。

「フロム・フォーティエィト、なんばーフォーティエィト」

日本のアイドルのファンかと思った。



隣で何度もスライドを掃除するトロンボーン奏者。たまあに動き悪くなり、オイル塗り替えたりしてもなんだか冴えない時あるよね。

「吉川さん、ヤマハのオイルぬったら滑るようになりました(^ー^)」

「楽器が日本製なんじゃないの?」

「いやいや、ははは」

「それ、江戸ワーズだよね。関西で使うとナニワーズ、北海道ではなんていうか知ってる?」

「い、いえ」

「エゾワーズ」

「……」



今回のプログラム、リヒャルトシュトラウスの「ドンファン」「バラの騎士」モーツァルトのピアノ協奏曲とドイツ物が三曲続き、最後だけ何故かラヴェル。

リヒャルトの練習が終わりマエストロが「次はラヴェル」と。

ベテラントランペット奏者が後ろを向き一言。


「バルスっ!!」


我々もみんなで


「バルスっ!!」


日本人は皆、ラピュタにやられている。


N響定期練習
あのー、アイドルグループはNBA48で、我々がやる曲は「ラ・ヴァルス」です。

posted by take at 21:11| 活動報告