2018年01月14日

ショウワンピーポー


これを読んでくださっているそれなりに年輩の皆さん

「自分は昭和の人間だ」

と思ってますよね。


大学生が平成生まれになって久しいもんです。だって今年は平成30年なわけですから、大学生どころか30才以下は全員平成生まれ、生粋の平成の人間なわけです。

そんな彼らも、再来年になったら「過去の元号の人間」になることをおののいているでしょうし、

「あ、あの人平成の人だーって言われるようになるんだろーなー」

なんて、まだ先のことみたいに笑い話しにしてるんであろう。平成ズの君たち、直ぐにやってきますから、そんな時代。


実際昭和生まれは、もうずっとそういう感覚で生きてきちょる。

しかしね、たくさんのおっちゃんおばちゃんが気づいてなかったりすることがありんす。

現在31才から59才までの人って、実は平成の時間の方が長いのよね。だってもう平成30年なんだもん。昭和の方がが長いのは61才以上。

僕なんか昭和が22年、平成が30年と8年も長い。しかも最初の10年くらいは記憶もないので、ほとんど平成の記憶で生きてきたことになる。

昭和生まれだから昭和の人間って言い方もあるが、1才や2才で元号が変わったなら、まして一週間しかなかった64年生まれの人は、昭和の人間とは表現しにくい。2才くらいまでしか住んでなかったら、そこ出身と言いにくいのと一緒。

ただたくさんの人が、昭和の方を長く生きてきたとイメージしてるんじゃなかろうか。

ということは、僕は平成の人間なのか?


「実は二十歳までの時間が、感覚的には人生の半分の長さらしいよ。あとの60年くらいが残り半分」


そ、そんなにアッチェレランドしてってんの?! んじゃあ、間違いなく昭和の人間ぢゃわ!!


室内合奏団、レッスン、ブロカート

posted by take at 17:36| 活動報告