2018年01月04日

詫び錆び


ニューイヤーコンサートの本番や練習をなさっている皆さん、とにかく理由も言わずに謝ります。

すみません。

理由を言わせないでください。そして旅にも出てませんが、探さないでください………本当は誰も探してくれなかったら寂しいくせに。


そう、日常の忙しさをぼやけばたくさん言葉にできるのでしょうが、家人がいつも玄関先で言ってくれる言葉


「来てくれって言われているうちが華なんだから、頑張っていっといで。そのうち、もう来なくてもいいって言われる日もくるんだから」


そーなんですよね。やることを与えてもらってるのは本当に幸せなこと。

そういう意味でも、他人様に「生かされている」のだと改めて思う。不遜にならず、とにかく生かしてもらえていることに感謝。文句なんか言う筋合いではない。とにかく感謝を忘れず生きていかなければ。


えー、生かされているですが………

サムギョプサルを散々食べたあと、晩酌をしながら、煎餅缶から様々つまみを引っ張りだす。

豚肉をあれだけ食べたのに、セブンで買ってきたビーフジャーキーなんかも食べてしまう。他にも、スモークチーズや鮭とばや濡れ煎餅と無節操の嵐が吹き荒れる。

飲み物もビールにはじまりチャミスルから日本酒へ。

で、ふとあるものを噛みちぎりながら「やっぱりこーいうのって、酒のアテとして最強だなあ」と感じたものが。


それはアタリメ、イカのスルメ。


豚肉、牛肉、チーズ、米菓、鮭とやりながら

「やっぱりイカか…」

と。イカからくる庶民的幸せは、味の濃さだけでなく、噛みちぎることによる生き抜く力の創造に繋がっていると確信。


まさしく、イカされているのだと。


………とにかく謝っておきます。すみません。


正月

posted by take at 15:54| 活動報告