2018年01月31日

いちゃガリガリ

2018020109460000.jpg


大学内で、うちなんちゅではないかと思われる楽聖を見つけ話しかける。

「君、うちなんちゅ?」

「はい」

ビンゴだと、単語一発



「いちゃガリガリ!」



「……」

「いちゃガリガリっ!!」

「……あっ、あのカタイやつですよね。食べてました食べてました」


沖縄には噛み砕けないくらいカタイ「いちゃガリガリ」なる駄菓子があるとテレビで観たので、うちなんちゅにリサーチなのだ。

「どこで買えるかなあ?コンビニには無いんだよね」

「ドンキにあるんじゃないですか?」

とのことで、ドンキホーテにて物色。ついにご対面と相成った。

形はかりんとうだが、確かにカッタイカッタイ。奥歯でも噛み砕くのが大変。まさにガリガリのガリガリ。これぞガリガリ君と呼ぶに相応しい。

味はといえば、駄菓子といっても甘くはない。中にサービスのようにほっそいイカゲソが入っている。

僕はガリガリしていくうちに、徐々にはまっていく。かなり気に入ってきました。


その昔、イカゲソを普通に天ぷらにして出したそうだが、高温多湿の沖縄では直ぐにカビてしまう。そこから揚げる時間を長くし日持ちするよう改良していったと。(宜野座村惣慶、新里食品)

最初低温で30分、それから高温で30分ゆっくりしっかり揚げまくり。ゆえにザブングルもびっくりなカッチカチなのだ。

うちなんちゅの子供たちも、好き嫌いはあれど皆食べたことあるそう。6月4日の虫歯の日には、宜野座小学校では給食に登場する。ここの子達、歯ジョーブなんやろなあ。噛みつかれたくないなあ。


トロンボーンの天然娘(京都出身)に、全く前知識なしに投げ掛ける。

「いちゃガリガリってなんだと思う?」

「えぇ〜〜?ガリガリしていちゃいちゃするんですか」

僕が彼女を理解するには、更なる時間が必要なようだ。


突然別の楽聖が叫ぶ。

「せんせいっ!石垣島で、いちゃガリガリとヤシガニを戦わせた人いるみたいです」

「なっ、なにっ?!」

「沖縄で最も固いであろうお菓子いちゃガリガリ、そして椰子をも切り裂くと言われているヤシガニ、両者が戦ったらどうなるのだろうか……だそうです」

「…………さ、さすが琉球。で、どっちが勝ったの?」

「瞬殺でヤシガニの勝ち、さくさく切っていったそうです」

「そっか、じゃあ町でヤシガニに会っても、握手とか求めちゃあかんな。手を出さずサッと立ち去ろう」


琉球には、カッタ〜〜〜イお菓子と柔らか過ぎるのうみそ、ゆる〜い会話が漂ってましたとさ。


沖縄県芸レッスン

posted by take at 10:52| 活動報告

2018年01月30日

琉球ルフトの味


体調が万全ではない状態、まあ病み上がりということなのですが、那覇入り。

去年は1月でもまだ半袖で、夜の11時近く、外で那覇の風をつまみに楽聖たちの飲むのがあまりに嬉しく、Facebookに写真を乗せて、ぶるぶる震えている東京の人たちに向けて自慢していたのを思い出す。


今年はそれなりに寒いです。


「先週東京で積雪になった時って、こっちも寒かったんじゃない?」

「その次の日くらいか、実は息が白かったんです」

「おめでとう」


一昨年か、沖縄でも雪が降るかもとの予報からのみぞれみたいなのの降臨、歓喜に沸いた琉球である。息が白くなったら、やはりおめでとうだ。

こうなったら、那覇ギャルたちも、寒くもないのに無理やりオシャレのニット固めではなく、着るべくして身にまとい新都心を闊歩したのだろう。

そんな意味でもめでたいめでたい、おめでとう。


僕はそんな思いを馳せるよりも体調がいまいちだったのだが……


それでも関東より随分高い気温、そして湿度の中に立ち、この空気の身体への優しさを感じている。

そして、鼻から吸う那覇の空気を感じながら、初めての印象を得た。


この空気、いい味してる。美味しい。


沖縄県芸レッスン

posted by take at 23:51| 活動報告

2018年01月29日

あぁ有情 その参


何気ない 暮らしが何より 宝物

立ち上がり 目的忘れ また座る

多すぎる 「でかした」よりも 「しでかした」

震災で 人と人との 絆増す

被災地に あきらめないを 教えられ

アイウォンチュー いつでも君は iPhone中

我が家では 「ママのおきて」が すべてです

がんばろう 日本とあんた 妻が言う

士気がない 当たり前でしょ 指揮がない

震災に 使命と絆 奮い立ち

ときめきは 四十路過ぎると 不整脈

物忘れ 増えて良くなる 夫婦仲

B級も A級知らねば 極上品

「パパ嫌い」 だけどお前は パパ似だよ

立ち飲みの 立つ位置にまで 序列あり

言葉より 別れの予感 絵文字なし

帰れま10(テン) 仕事の終わりが 見えま10


川越へ

posted by take at 22:20| 活動報告

2018年01月28日

とこしえなカレー


ボンカレーが50周年を迎えたそうです。


僕より若かったんだ……


もっと以前から日本にカレーはあるにせよ、大多数の庶民皆とカレーとなると、ボンカレーとの歩みになるイメージ。

「日本人とカレーも半世紀」とも言えますね。


僕は久しく食べてない。家人のカレー自体が千差万別のテイストをもっているし、外で食べるものも本当に多様になった。それらを楽しむだけで時間は足りないくらい。

ただたまあに、

「これ、ボンカレーっぽいよね」

というものがあったりするということは、この歴史的スタンダードが味覚の奥にしっかりと根をはっているのだと思わされる。


ボンカレーと言えば「斜めっている着物のお母さん」。それがこちらの加齢により「着物のお姉さん」に見えていく。あちこちで見た看板含め、このデザインもまたしっかりと記憶に刷り込まれ、昭和の象徴のひとつとすら感じさせられている。


今回、この着物のお姉さん、杉山容子さんがコメントを発表しています。


「いつまでも愛されるボンカレーを作り続けていただきたい。これからも、50年と言わず、100年も200年も、いえ、とこしえに、ボンカレーが続いていきますように、心からお祈り申し上げます」


とこしえ(永久)という響きの美しさと、これまた日本人としての伝統文化の流れに息づく「言葉の奥行き」に、静かに感動させられずにはいられない。


こんな言葉を使われる杉山さんような女性。半世紀前、若かかりし彼女を器用した段階で、ボンカレーは既にスタンダードになるべく成功していたのかもしれない。


ブロカート

posted by take at 12:01| 活動報告

2018年01月27日

微獣有あるある


えー、そろそろ写真撮りなおさなきゃなー、と言いながら多少年月が過ぎているN-craftsの宣材ですが、やはり知り合いの一部から


「知り合いに似ている」


との素敵なツッコミが。


髪型がちがうんすよねー、僕なんか最近みぢかいし。

え?!型の話ぢゃない?雲竜型、不知火(しらぬい)型、知らない方?


まあ、多少色もね。黒から白へね。カラーリングですよ、明るい白へ。みんな。

え?広がっている?何が?!

音域?人脈??

写真からそんなんわかるかっ(怒)って?そこをなんとか( ̄▽ ̄;)


あとLINEがね。以前は目尻のとか未読だったのが、最近ははっきりと既読からの気の毒。


すみません、そろそろ撮りますんで、今年のツアーはこれで勘弁してください。

え?演奏はずっと前から何も変わってないから許す?? ……そ、それはそれでどーよと。


休日

posted by take at 18:25| 活動報告