2017年12月28日

まとめる、足す


今年度、それまでと生活パターンを大きく変えた生徒がいる(大学生ではない)。

思うところがあり、大幅に変えることで新しい自分へと律したかったのだと思う。

久しぶりに話した時に悶々としているようにうつったので、少し話し込むと、気分がすっきりしないような主旨のことを言った。

今までの自分から更に変わりたい時、それまでのパターンをある意味否定するみたいな気分になり、一度リセットしてしまおうという気持ちになるのはわからなくはない。

しかし勘違いしない方がいいのは、昨日までの自分の生活内容が「まるでダメ」なんてことはあり得ないのだ。(楽器やマウスピースを変える時によくそういう気分になる。今まで使ってたものはダメでこれこそがみたいな。これまた大きな勘違い)

「リセットしても、今までに匹敵するような時間の利用、充実に値することで充ちるのなら問題ないが、暇になったりコミュニケーションが曖昧になったり、細かい目的を失うなら、得策じゃないよ。今までを否定して引き算にするんじゃなく、少しまとめるのはいいけど、完全に今までをなくさず、新しいことを足す、足し算にすれば」

とアドバイスをした。


先日、ある若いプレイヤーから質問をもらう。

自分は、あるテーマを掲げて音楽活動をしていてそれを一生続けていくつもりだが、そのテーマを利用して得をしようとしてるんじゃないかと批判されることもあります。続けていくことをどう思いますか?

「君の掲げているテーマは決して人から非難されるものではないから、負けずに自信をもってやりきって欲しい。一生続けるかどうかは自分次第で、それが時期がくれば変わるのは僕は良いと思う。ただ、その非難含め自分に不安になることがあるなら、そのテーマ以外の音楽活動も足してみたら?この時は今まで通りこのテーマで。この時は全く関係なく、純粋に音楽を表現するだけの活動、みたいに」

と答えました。


忙しくなり過ぎると、いろいろやめたくなることがあったりする。自分の充実できるペースを超えると、全てが余分なことに見えてきたり。

生徒のように「今までの自分じゃなく、よりきちんとした人間になるために今までのことは」みたいな気持ちになる人、人からの批判に自分のスタンスを思い悩む人がいるのもよくわかる。


しかし今までがまるでダメなんてことは、実はあり得ない。

より良い自分になりたいからこそ定期的にそういう時が来るが、だからといってまるごとリセットしてしまうのは得策ではない。

何かをやめるにしても、引き算というよりは「まとめる」という考え方の方が良いと思う。そしてまとめたためにできた時間に、新しいことを足す。

今までの経験や行動パターンを捨ててしまわず、まとめて自分のペースで濃密に喜びをもって取り組めるようにする。

更に新しいことを試し、より広い視野で自分の柱を太く魅力的なものにしていく、というのが良いと思うのです。


休日

posted by take at 20:38| 活動報告