2017年12月07日

海老頭濃厚魅惑


京急の品川駅構内に『スープストック』があった頃は、時々カレーとのセットを食べたり冷凍のスープを買って帰ったりしていた。

特に好きだったのがオマール海老のビスク。ビスクとは甲殻類のポタージュのこと。野菜も沢山煮込まれていて、濃厚な味わいがたまらない。

スープストックのページで調べると、年間133万杯も売れる一番人気だそう。このページには作り方まで写真入りで紹介されています。


先日訪れた千葉は土気のホキ美術館ですが、併設しているイタリアンレストランが凄く美味しいので、今回も席を予約しコース料理を楽しみました。

そのコースのスープが、一口食べた瞬間


(○з○)<劇好みっ!!)


このビスクのスタイルでした。

トマト仕立て、海老の味わいが素晴らしい。スープストックの方が濃厚でガッツリくる感じか。こちらは上品で洗練されてる感じ。でも海老の旨味はしっかりと、言葉にならない魅力に溢れている。

「すみません。このスープに使っている海老はなんですか?」

思わず聞いてしまいました。お店の方はとても丁寧で、海老の頭を皿に盛って見せに来てくれました。

「甘エビです。頭だけを入手できるんです。野菜も沢山煮込んであって……」

細かく作り方まで教えてくれました。


ホキ美術館は写実絵画も素晴らしいのですが、このレストランとセットの時間が至福。

「本日のスープ」だったので、ビスクと出会えるかは運ですが他も全て美味。皆さん是非。


かつて海老アレルギーだった僕は今は平気であれこれ楽しむが、このスープが一番好きな海老料理かもしれない。


N響定期練習、川越へ、アンサンブル学内コンサート

posted by take at 17:11| 活動報告