2017年12月06日

課題曲


管打楽器コンクールの課題曲が発表された。

一次のザクセは珍しいといえば珍しいが、基礎能力はよくわかると思うので面白い選曲だなあと思う。

僕が受けたのはトロンボーンとしての一回目と二回目。二回目の一次はマルタンだった。一次予選に対する意識が今とは違ったのでしょうね。


今回とても良いなあと思うのは、二次の課題曲デュティーユ。

ふと大学二年次に経験した、ベッケさん初来日時の公開講座@芸大6ホールを思い出す。

「この曲は、トロンボーン奏者のテクニック、音楽性をはかるのに最も適した作品です」

「私は、最初の音はタンギングしないで始めます」

「ワイングラスの縁を指で撫でた時のような響き」


吹いてくれる演奏も言葉のひとつひとつも、あまりに異文化感満載で口あんぐりだったが、デュティーユの作品に対するコメントは共感含め心に残っている。

僕は多分6.7回本番にあげたと思うが、いつも「はかられる曲だ」というプレッシャーと共にチャレンジしている。

フランス人プレイヤーのソロCDにはまず収録されていることからもわかる、世に実力を問おうとしたら、避けては通れない道に立ちはだかる曲なのだ。


そして本選のブルジョア。難易度も高く、以前より認知度、そして評価も上がってきた音楽。


全体として、とても良い課題曲たちになった印象です。若者たちの踏ん張りも楽しみ。


春にはクァルテットのコンクールもありますよ〜。


N響定期練習、川越へ

posted by take at 21:41| 活動報告