2017年11月25日

怖くない日々


人生というのは、ゆっくりと長い時間をかけて、怖いものが無くなっていくということなのだと思います。

小さい頃は怖い夢を見て泣きながら起きてしまうこともあった。

世の中の現実や仕組み、人の心のあり方なんかがわかってくると、だんだん怖いものは減ってくる。安心や喜びの種類が変わってくる。

怖いものは、現実的には存在している。熊はいるし銃もある。サイコパスはいるし猟奇殺人を犯す人も。サメもいるしヒアリも。そして戦争をしたがる人間。

ただこれらは、でくわさなければ脅威にならなくてすむ。私たちの日常では、多少危ない瞬間はあれど自衛もどんどん覚えていき、安全からの安心も増えていく。つまり怖いものは減っていく。


これは楽器との人生でもかくあるべきだと思います。怖いものがどんどん減っていき、喜びが膨らむべき。

楽器の演奏での怖いものとは

「難易度の高いもの」
「どうやっても様にならないこと」
「出ない音」
「スタミナがもたないこと」

なんてことだろう。

実はそんなことこそ、手をつけず遠くへ追いやるのではなく、毎日のルーティンにして身近に置く。そうやって特別なものではなく「当たり前の普通のこと」にしていくのが得策だと思います。


ピータームーアやバボラクのような神童とも言われた人は、10才前後で16分音符や32分音符に溢れた、我々からすると超難易度の高い楽譜を疑問をもたず当たり前にやっていた(やらされていた、少なくともバボラクはそう)のでしょう。

怖いものだと感じる間もなく、やることが当たり前みたいな。

そう感じれることばかりになり、感情を自由に音にのせられるようになっていくために、


「怖いことこそルーティンにし身近で付き合う」


僕なら今のところ、ダブルタンギングと下降のリップスラーです。


N響練習

posted by take at 15:59| 活動報告