2017年10月31日

マーラー讃


空腹の皆さん、こんにちは。


麻婆豆腐、担々麺、回鍋肉、青椒肉絲、麻婆茄子、棒々鶏、乾焼蠏仁(エビチリ)、酸辣湯


いきなり漢字を羅列させてもらいましたが、博学聡明なあなたなら、もうこれを見ただけで生ビールを注文したくなるでしょう。

「うまいんばっかりでないんな、まんで好きなぶんやっ!」


酸辣湯を調べてて「中国本国では味噌汁のようなものであり、酸辣湯麺は故に味噌汁に麺を入れたようなもの」という説明に中華料理の奥行きを感じていた時、上記の人類宝食が全て四川料理だと知る。


すごいなあ、四川。実は中華料理はさすがに広大な国らしい大家族。紐解くとなかなかに凄いファミリーです。


母料理
河南料理


八大料理系統

一 山東料理
北京料理
宮廷料理
東北料理
山西料理
西北料理

二 四川料理
雲南料理
貴州料理

三 湖南料理

四 江蘇料理
上海料理
淮揚料理

五 浙江料理

六 安徽料理

七 福建料理
台湾料理
海南料理

八 広東料理
潮州料理
客家料理
順徳料理

その他系統
清真料理
湖北料理
江西料理
広西料理
マカオ料理
超系統料理
薬膳料理
精進料理
台湾素食
麺類
点心


こんなにあるのに、日本人が好むあの美味たちは全て四川料理なんです。

「四川料理は、一般には唐辛子や花椒(山椒の同属異種)などの香辛料を効かせる辛い中華料理として知られる。四川省の中でも成都を本場とする。四川料理は中国各地に専門店が存在しており、「正真正銘・正統派の四川料理」という意味の「正宗川味」という看板をよく見かける。
酸(酸味)・辣(辛味)・麻(しびれ)・苦(苦味)・甜(甘味)・香(香り)・鹹(塩味)の7つの味で成り立つことで知られる。特に痺れるような辛さを意味する「麻辣」(マーラー)を味の特徴にしており、中国の他の地方の料理に比べて香辛料を多用する。これは四川省や重慶市の湿度が高く夏と冬の寒暖の差の大きい気候が関係しているとされる」


具酢多風マーラーかあ!


食人生を幸せな時間にしてくれるマーラー、大好きですなあ。


そういや世界の八割が四川省にいるパンダたちも、美味しい四川料理を……

笹しか食べとらんやん!!

上野生まれのシャンシャンも、いずれ四川にて暮らすのか。我がジパンダも、のんびり酒ばっかり飲まんと、マーラーでも吹いてしゃんしゃん練習しまい!!(しゃんしゃんしまい・讃岐弁、早くしなさいの意味)


N響練習

posted by take at 21:27| 活動報告