2017年10月17日

エッシェンバッハスタート


マエストロ・エッシェンバッハとのブラームスが始まりました。

今週が三番と二番、来週が四番と一番。僕は両方出番で、久しぶりにブラームス短期コンプリートを経験することになります。

マエストロとの共演は、かなり楽しみにしていました。ビックネームですし、世界中の名オーケストラで活躍してきたベテランドイツ人ですし。


リハーサルは二番から。やり口に慣れるのに少し時間がかかりますが、どんどん深みのあるサウンドになっていきます。

午後の三番になるともう弦楽器群が凄い音に。鳴り響き方が尋常じゃありません。我々管楽器も、中身のあるよく喋る音でブラームスの思いを綴っていきます。


タクトは聞いた通り少々わかりにくいところもあるのですが、今時のバッチリ整えるタイプとは対極の、曲線美ともいえる歌を膨らませていく作り方。

ブラームスがどんどんドラマチックに、そしてどこまでも美しくなっていきます。


なんか長くN響にいる思い出から、何かが引っ張り出されてくる感じ。懐かしさが込み上げてきました。

かつてよくあった時間。


ブロムシュテットとのチクルスとまた違った、充実した満足感が確信できる初日のプローベとなりました。


N響定期練習、川越へ

posted by take at 21:26| 活動報告