2017年10月05日

三健の長


結局

「よく食べ、よく動き、よく寝る」

のが一番良いのだと思います。


人間は機能が優れているので、結構な偏りに対しても慣れることができたりするが、しかしこのみっつをそれなりの量しっかりとやるのが、結局最後は正しいのだと思います。


たとえば……

よく食べよく動くが、あまり寝ない→目の下にしっかりくまを作り不健康な顔色

よく動きよく寝るが、あまり食べない→目の下にしっかりくまを作り痩せこけている

よく食べよく寝るが、あまり動かない→ウシになりブタになり


また

よく動くが、食べない寝ない→ガリガリゾンビ

よく寝るが、食べない動かない→欝系ひきこもラー

よく食べるが、動かない寝ない→ネットゲーム系ひきこもラー

というイメージになる。極端ですが。


1日3.4時間の睡眠で平気という人がたまにいるが、それは特異体質の超少数派だろう。真似をすべきではない。

女性は「しっかり食べたら太っちゃうから、よく食べは無理」と言ったりするだろう……動けばよいだけです。というか女性自身が、あまり食べないことが本当は身体に良くないことを本能で知っているはず。


よく食べ、よく動き、よく寝る


結局これが、充実した人生の時間を長く過ごすのに必要なのに、私たちが見失いがちな「答え」なのでしょう。

しっかり食べないと動けないし、動いて疲れないと寝られないもんだし、寝ないと回復しないから動けないし、消化する力にならないし…

この生き物としての本能、みっつのことにせっせと励んでいれば、それなりに1日は過ぎていく。考え込む時間も減り、心深く悩むこともなくなり、精神的に病んでる場合じゃなくなる。


まさに心にも身体にも良い、三健(健康)の長なのでしょう。


川越へ

posted by take at 18:20| 活動報告