2017年09月16日

リズムが良くなる奏法


リズムの良し悪しは


息の流し方、伸ばした音の形に対するイメージ、テンションの維持が実現できているか、揺れずに微動だにせず伸ばせる抵抗感で吹いているか、極めてスムーズに息が流れているかなど


一見リズムとは関係ないポイントが影響している。


「リズム感が悪い」という言葉で表現するのは簡単だが、大事なのは、なぜインテンポで、書いてあるリズムのタイミングで発音することができないのか、一体何が邪魔をしてそうなっているのかなのだ。

それを本当に正確に理解したい。

メトロノームでは、目の前のフレーズに対する自分の傾向や癖を理解することはできても、根本的なリズム感を良くする解決策にはならないのだから。


川越へ

posted by take at 16:47| 活動報告