2017年09月03日

ひるまず進む


被災地との関わり、復興との向き合い方が深くなったのが自分の意思なのか、なにかに導かれてなのかは、僕には正直わからない。気づいたらそうなっていた。

この六年半、デリケートになることがあれば、かなり無神経に表現してしまったこともたくさんある。

被災地の、特に懐の深い人たちとの付き合いが多いこともあり、調子にのって気づいたら彼らを傷つけてしまっているんじゃないかということがいくつも思い起こせてしまう。

だからといってあまり感じず、自分の意見にせず、表明もせずでは、昨今多発する「責任をとりたがらない大人テイスト」になるので、勢いでやってきてしまった。


今日、来月出演する横浜楽友協会のチャリティーコンサートの練習に参加してきました。吹奏楽との共演による「ア・ソング・フォー・ジャパン」と、スパークの「陽はまた昇る」の指揮。

歴史と伝統ある吹奏楽団はとても上手で、心地よいサウンド。メンバーの方々も気さくで楽しく、充実した練習になりました。


終わって、当日のステージ上でのインタビューの打ち合わせを。

この春東北を旅し大槌も訪ねたという団員の方、そしてコンサートに出演する大槌出身のクラリネット奏者(現在勉強中)と。

様々な記憶をまた引き出して話しているうちに、やはり何があっても関心をもち、関わることをしなければとあらためて思う。

帰りの電車の中で若きクラリネット奏者と話ながら、気がつくと僕の震災との六年はまんまこのブログの六年だとも感じていた。

こればっかりは定期的に読み返し、これからの時間への指針になるように確認しなければならない。


未熟な僕は、これからも被災地の人たちを不本意に傷つけてしまうことがあるかもしれないが、大槌の若き演奏家たちに

「いろんな人のいろんな反応があり傷つくこともあるだろうが、ひるまず進め」

なんて偉そうにアドバイスしているのだから、僕がひるんでいる場合ではないのだ。


チャリティーコンサート練習、ブロカート。

posted by take at 17:20| 活動報告