2017年09月10日

ポジティブ100パーセント


世の中にはポジティブな人とネガティブな人がいると言われる。ただ、全ての人に両方の部分はあるもので、その割合でキャラクターが決められてしまうのだと思う。


極端な意見に感じるかもしれませんが、最近気持ちが限りなく片寄ってきました。


「自分の中からネガティブを全て取り除き、ポジティブ100パーセントになる」


やっぱりネガティブにはいいことはひとつもないと理解し、たとえ浮かんでも自ら排除するパターンを手にすることが必要なんじゃないか。

こんな話をしていたらある生徒(女性)が

「最近、黒い自分がいることが理解できたんです。気がついたらそんな話しをみんなにしててヤバいって、“私、今の話やめる!”ってやめちゃったことがあって」


黒好きな人は賛同しないだろうが、でも僕は見事なコントロールだと思う。


人は「自分の言いたいことを自由に言える状況が幸せだ」と考えがちだ。しかし言いたいこと自由に言って、結果不本意にも不幸になってしまう場面は山のようにある。

言いたいこと言えるだけでは、実は幸せにはなれないようなのだ。

人の悪口だけではない。自分を卑下したり、自らの力を諦めてしまうような考えや発言もそう。

溜め込まず口にすることで一瞬気持ちが晴れても、自分の発した言葉が自分の中に残してしまう闇はあり、結局いつまでも他人とトラブったり、自分とトラブったりを繰り返したりもする。


幸せになれるようなことを言うのが何よりも得策だと思うが、それよりも自分の不安や他人を妬む気持ちが邪魔をする。

買い物をしてお金を払った瞬間が欲求が満たされる喜びの頂点で、気づいたらお金が減っている、みたいな。

ネガティブを受け入れて必要悪みたいに理解することもあるが、結局そういうものでしかないような気がするのです。


ポジティブ100パーセントと言うと「能天気」がわく。能天気となると、アホちゃんが入ってくるように感じるかもしれないが、

「思考が健全で晴れやか」

と考えると悪くない。悪くないというか、結局何に取り組むにしてもそんな能天気こそが必要な気がします。


「今まで〇〇が苦手で(ネガティブからくる気質)結局辛いことしかなかったので、自分で克服するしかないんです」

ある生徒の言葉こそが、ネガティブの真の姿を表している気がする。

結局、どう思い起こしてもいいことはひとつもなかった。


彼女にとっての良いこととは、全てポジティブからしか生まれてこなかったということなのだ。


レッスン、ブロカート


posted by take at 20:26| 活動報告

2017年09月09日

具体的に生きる


「あの人は現実が見えてない」

なんて言葉がある。ひぇ〜〜っ。


実は世の中のハードルは厳しく高いのに、それがわからず、夢見がちに語ったり暮らしている人を評してのものだと思います。

まあ厳しい言葉であり身につまされます。誰にだって多かれ少なかれある部分だと思いますし。


こう言われてしまう人というのは、本人が語っている希望の内容が具体性に欠ける部分があるのではないでしょうか。


あなたはどんな演奏がしたいのですか?

「いい演奏がしたいっす」

どういい演奏ですか?

「まあ、それはまあ、とにかくいい演奏がしたいっす」

いい演奏ができなそうに感じますよね。


本人の方から自発的な発言やアピールがなくても、どんな音出したいですか?と質問されると「いい音出したいです」と、なんらか答える人ばかりだろう。

なんらか答えるだろうが、本当に常日頃から出したい音のイメージが宿りながら取り組んでいるかは疑問だ。

どんないい音ですか?

「えっと…………とにかくいい音です」

いい音でなさそうです。


「音楽業界で働きたいです、好きなんで」

どんな仕事を?

「と、とにかく音楽業界で、好きなんで」

こんな人は、結果違う世界に行くのではないだろうか。


いい演奏もいい音も、自分の未来の立場も、そんな希望や夢と言われるものには、漠然とした大きさからはボヤけた力しか感じない。

どのようにいい演奏なのか、どのようないい音なのか、業種ではなくどういう内容なのか、ある程度具体的なものが宿っており、口にできた方がより現実的であろう。


かつては悪い意味だった「こだわる」という言葉。「あの人はこだわりのないいい人」なんて言われ方をしていた。昔の方が、よりグローバルな視野を持つ価値観が強かったのか。

時代は変わり、ひとつのことに執着したり深く掘り下げる「こだわり」は美徳となった。

このこだわりの変遷を象徴するが如く、社会はかつて嫌悪の対象でしかなかったオタクを認め受け入れていった。

昔はセーラー服を着たおじさんは警察に連行されただろうが、現在は山手線に乗っている。

このオタクの容認への流れ、僕は少なからず不思議で時折考えていたのだが、社会が横並びいっしょくたではなく、少数派の濃い価値観を認めていったのには、彼らのスタンスに「具体性」が感じられるからかもしれない。

セーラー服を!!着たいという具体性。


いや、これ真面目に思ってるんですよ。



人間は、自分の目の前の時間、その取り組みに具体的なテイストをもたせ、そこに意味を感じることが、人生を充実させる秘訣なのではないでしょうか。

少なくともうまくいかず悩んだり迷宮に入り気味な人は、この具体性にかけているような気がします。

結局、成功している人も含め、人間はなにかしら具体的なことと向き合っているばかりなのですから。


Q日

posted by take at 14:28| 活動報告

2017年09月08日

身体にいいブログ


テレビの健康番組、内容をまとめてみました。


日本一……


『健康寿命が長い』

山梨県

◎魚中心の食生活
◎平均食事時間が長い
◎平均日照時間が長い


『脳梗塞が少ない』

沖縄県

◎塩分を取らない
◎豆腐をよく食べる
◎寒暖の差が少ない


『貧血が少ない』

静岡県

◎マグロをよく食べる
◎しらすをよく食べる
◎あさりをよく食べる

食べもんばっかり…


『糖尿病が少ない』

愛知県

◎赤味噌・八丁味噌をよく食べる
◎モーニング文化


『肩こりが少ない』

新潟県

◎温泉地の数が全国三位
◎新潟市をあげてのお祭りがある


『もの忘れが少ない』

神奈川県

◎ワインをよく飲む
◎トマトをよく食べる
◎チーズをよく食べる

なんかシャレオツやなあ


ということで、理想の生活をプログラミングすると


朝きっちゃ店でモーニングを食べ、もう温泉に入っちゃう(飲む前の方がいいだろうから)。

太陽が出てる間は外で時間をかけて食事。体温の変化が少ないよう上着で調節しながら、マグロ、しらす、あさりを中心とした魚、豆腐あたりを塩を使わずトマト、赤味噌なんかで味付けし、チーズもアテに、途中みんなで踊りながらワインを長時間飲む。


川越へ
ちなみに沖縄は塩じゃなく、かつお出汁で味付けだって。

posted by take at 12:15| 活動報告

2017年09月07日

みつをの真似


しあわせは いつも じぶんのこころがきめる

みつを



しあわせへは いつも じぶんのことばがみちびいていく

たけのり


他人に対しても自分に対しても、不幸を口にすれば自分がそちらへ向くし、幸せを唱えればそうなれる。

心が我が言葉を生むと考えやすいが、言葉が我が心を誘導することが、実はあると思います。


ホルンアンサンブル

posted by take at 12:57| 活動報告

2017年09月06日

人生の時間が変わっていく言葉


僕は「疲れた」「キツイ(楽器が)」「よいしょ」のみっつの言葉は、言わないように決めてます。

かなり前に決めたのですが、そうすれば言わなくてすんでたりします。

偉いでしょと言いたいのではありません。だって、結局少々違う言葉で表現してたりするので、発散はしてしまってる。ため息もつくし。


ため息や貧乏ゆすりはじめ、これらは発した方がいい、溜め込まずにという意見もあります。

ただ、僕自身はこれらを言うと余計そっちの方向へ助長する気がするのです。


面白いなあと思うのは、言わないと決めたら言わずにいられること。

じゃあアレもコレもソレも言わなきゃ人に迷惑かけないし、トラブルにもならんじゃんね。

吟味してみればいいんだ。全て自由に思うがまま発言するんじゃなく。

逆に言った方が良い言葉は絶対ある。つとめて言うと、人生の時間が変わっていく言葉。


「感謝」「好き」「感動」「いい音」「完璧」………


川越へ

posted by take at 17:23| 活動報告