2017年09月15日

美味さが最強になるNTTKG


納豆の匂いが好きで、だから卵で消されるのが嫌だけど、でも卵もかけたい。

ということで僕がたどり着いた食べ方が、まず卵かけごはん(TKG)を作りその上に最低100回交ぜた納豆をかけるというもの。

う〜む、改めて文章にしてみても素晴らしくかぐわしい発明ではないか。クックパットもぱっとしなくなるくらい納得の納豆。


で、この行程でさらりと書いた「卵かけごはん」だが、みんなで卵料理ナンバーワンを語っていて「目玉焼き」や「玉子焼き」なんて言ってて、誰かが「卵かけごはん」と言うと、全員が「あっ…」と止まるほどの実力である。

そんな愛深き国民食だが、なんといくつか流派があるとテレビでやっていた。流派ったって、作る順番の話であんまり変わらんやろー、ご飯と卵と醤油だけなんだからと思ったのですが……


A ご飯に直接卵を割り、かき混ぜる

B 別の器で卵を交ぜてご飯へ

C 黄身だけを交ぜ白身は使わない

D 最初に白身だけをご飯に交ぜ、次に黄身を


一番多いのはAだそう。まあ手間としては一番かからず、洗い物も最少。

僕はB。一番多数派だと思ってたんですが。

Cは少数派のようですが、そういう人いるのは知ってました。贅沢な感じしますね。卵黄好きなんでしょうし、白身のドロッとしたとこが嫌いって人もいます。

Dは初耳。そんなんあるんだ。少数派とのことだが「これが一番美味いっすよー」と、若いにーちゃんが街角で叫んでます。


これらを、旨味やらご飯とのマッチングやらいくつかの項目で化学的に検証している。一番卵の旨味が高いのはCだが、総合的にはなんとDが群を抜いているとの結果。

まじか!?

岡山のある田舎、卵かけごはんで町お越しをしているとこを取材。「当然D」だと言っている。卵かけごはん博士みたいな人や、美味しいのを出す店の店主もDだと。

な、なぬー、そんなん知らんで生きてきたがー。


とのことで、学食で試してみました。なんこやのライフライン、スーパー『ベルク』にて卵を買い、学食でご飯を二杯買う。厨房からは不思議そうな顔で見られたが、卵かけごはんの真実が知りたい欲求は、そんな視線も気にならないほど高く。

でAとDを作り、楽聖たちと試食。確かにDの方が美味い。

白身がまんべんなくお米にコーティングされ、その上から黄身がいい感じで乗っかることで、味わいがグレードアップするよう。白身の交ぜムラもなく、より均質な美味さだ。

最初「交ぜたら一緒ですよね」と言ってた楽聖の言葉で、ふと学生時代のオーミックスエピソードを思い出す。

「なんでこれ小さい方からなの?どうせ一緒になるんだから、混ぜて使えばいいじゃん」と言って買ってきたばかりのを全部混ぜた先輩に、「小さい方でコーティングして、その上から大きいのが乗ることで滑るみたいですよ」と後輩が。


いずれにせよ、卵かけご飯歴52年で初めて知った真実だった。

これからは迷わず白身から。そしてそうやって作った卵かけご飯に納豆をのせることで、我が朝食が世界最強の輝きを放つのである。

最強のNTTKGの誕生なのだ。


ホルンアンサンブルソノーレ本番

posted by take at 18:20| 活動報告

2017年09月14日

フライングピッグ


「飛ばねぇ豚はただの豚だ」


これは、映画『紅の豚』の主人公ポルコ(本名マルコ・パゴット)が言った台詞だ。どんな場面だったかというと


ジーナ 「いくら心配しても、あんた達飛行機乗りは女を桟橋の金具くらいにしか考えてないんでしょう?マルコ、今にローストポークになっちゃうから。私いやよ、そんなお葬式」

ポルコ 「・・・飛ばねぇ豚はただの豚だ」

ジーナ 「バカッ!」


まあ、ポルコが男っぽくカッコつけたということですね。ファンはそんなポルコがステキだと言ったりするので、ひねた僕はそんな女性たちに

「飛べない豚はただの豚肉だ」

と言って冷ややかな視線を浴びること早数十年である。

間違ってないと思うんですがね。そもそも豚飛ばないし。


あるサムギョプサル屋は「包まない豚はただの豚だ」と言った。その通りっ!!

とんかつ屋は「揚げない豚はただの豚だ」

しゃぶしゃぶ屋は「茹でてない豚は食べられない豚だ」きちんと火を通しましょう。

おごられた豚はタダの豚だ。

取れない葢はただのフタだ。

ブータンにいる豚は幸せな豚だ

飛び出さない舞台はつまらない舞台だ

惚れない歌はただの歌だ


飛ばない豚は……美味しい!!!


ホルンアンサンブル

posted by take at 18:47| 活動報告

2017年09月13日

求む!空間


広い空間でのみレッスンをするよう決め、更にその広さを使った内容にして、ソロ、オケスタ、エチュード、アンサンブル、基礎トレーニングと一巡しました。

今まで気づけなかった様々なポイントが見えてきて、大変にエキサイティング。この空間を使うことができる東邦音大の環境は、本当に素晴らしい…………実は極端な思いも宿りました。


「狭い空間でレッスンしちゃダメだな」


いや、そんなこと言うと困るパターンもたくさんありますが、今後はこの価値観を柱に様々な環境に対応していこうと。


僕は西洋人の顔の凹凸は、遠い距離感仕様の進化だと勝手に思っている。マサイ族が、遠くのヒョウやライオンを確認するために視力が4.0あるみたいなこと。

日本人のように近くでコミュニケーションをとる民族は、近くで表情がわかる仕様。西洋人は遠くからでも誰なのか、表情もわかるようにダイナミックに。

絵画を観ていてよく思うのが、どの距離で観るのかで描き方の根本がまるで違うということ。

演奏も、どの距離で聞くのかで演奏の仕方から仕上げ方まで違うはずなのだ。

狭いレッスン室での距離感で実際聞くわけではないのがほとんどなのだから、響かせ方だけでなく、発音や音量からくる音色の作り方も実はまるで違うはず。

そういう意味では、狭い部屋で端整に整然と上手く聞こえるようなものを良しとしてはダメだなと思いました。

それは実は難しい課題であることは理解しています。僕自身どんなにイメージしても、自宅で数日さらった後広い空間に行った時「やっぱり違っちゃってるな」とこの年でも思うから。

東邦では恵まれているが、できれば沖縄でもこれからはしっかりと空間がキープできるよう、楽聖と話ししていこう。


川越へ

posted by take at 19:59| 活動報告

2017年09月12日

タクシー運ちゃん物語2017初秋


「お客さん、トロンボーンされてるんですか?」

「そうです。わかります?」

「私も中学の頃ブラバンやってましてね。やめちゃいましたが、聞くのは今でも好きで。ずっと吹いてるんですか?」

「これが仕事なんですよ」

「あ、演奏家の方ですか。どんなのを」

「オーケストラです」

「私好きなんですよ。テレビでもN響とか観るんです」

「あ、それです」

「N響ですか!?(振り返り)あ、真ん中で吹いてらっしゃる方ですね。泉岳寺に練習場ありますよね」

「ええ、それもあってこの辺りに住んでるんです」

「私子供の頃、泉岳寺に住んでたんですよ。まだ駅がない時代です。N響の方とは思い出がありましてね。お客さんご存知かわかりませんが、バイオリンの海野義男さん…」

「もちろん、存じ上げてますよ。世代的に一緒にはやってないですが」

「私が自転車で転んで大怪我をしたことがあったんですが、その時助けてくれたのか海野さんでした。いやあ、優しい方で。結構な怪我だったので恩人なんですよ。N響の方はいい方だなって」


彼しか憶えてないであろう個人的な、そして時の流れを越えたエピソードと出会えたことに、縁の喜びを感じる、ほろ酔いも気持ちよい夜になりました。


ジパング

posted by take at 11:12| 活動報告

2017年09月11日

やらねば減る


かつてはあんなに励んでいたエアロバイク。最近はやっては止めやっては止め。

疲れてしまうとやる気にならない、やると次の日の朝の疲れの残り方が以前よりだるおも。それに慣れる前に、止めてしまうの繰り返し。

しかし健康診断のいくつかの数字が、僕に与えているプレッシャーはそれなりにあるのでなんとかしたい。


ということで、チェックの仕方に新しい業を使い始めたところ、今んとこ続いている。いいかもしれない。

今までは、やった日ややった分数ををカレンダーにチェックしたりしていた。回数も普通に足していったり。

しかし今回は、一回やると1、次の日やると2とチェックしていくが、1日休むと0.5引くことにした。3日やって次の日休み更にその次の日やった場合、3-0.5+1で3.5となる。

やって貯金を増やすが、休むと少し減る。

このやり方がいい気がします。今、途中旅でガッと減ったりしたものの14.5まできてる。

ここに書いたのも、止めちゃわないため。


天よ、我に根性を。


レッスン、大塚へ

posted by take at 17:56| 活動報告