2017年08月26日

厳失礼の産物


今朝『にじいろジーン』を見ていたら、はるな愛ちゃんが、嫁姑ダブル変身のコーナーで島根は出雲を訪ねていた。

大西賢示さん大阪出身ですが、昨年から出雲の観光大使やってんのね。(愛ちゃんの本名もギャップが楽しいが、沖縄宜野湾出身のりゅうちぇるが比嘉龍二ってのがかなり好みス)

愛ちゃんも女性たちも会った時の女子定番で、両手胸前サヨナラ風くるくる挨拶からの「愛ちゃん可愛い!」はよかったのだが、いつもと違ったのは、

「愛ちゃん太った?」

といきなり実弾をくらっていたことだ。

世界一の美貌との過去の栄光を誇る愛ちゃん、視聴者はたいてい感じていることとはいえ、いきなりのド素直直球に対し、流石お笑いタレント(?)

「しーっ!!それ内緒っ!!!」

と反す辺りは見事。微笑ましい限りでした……


ふと思ったのだが、「世界一になったあの時の愛ちゃん、本当に世界一の美しさやったね」とまで本音の上乗せしたら、彼女本気でダイエット始めるんじゃなかろうか。

人ってそんなもんですよね。

普段はみんなきぃつかって言わないようなマイナスも、不意に聞くことになることで、それが頑張りへの転換のきっかけになる。

「あなたもともと綺麗だけど、もう少し痩せたら本当に凄い美人なのに」との発言で、本気ダイエットからの変貌を遂げた人の話も聞いたことがある。

マイナスなことは聞きたくないし、言った方が非難されることは多いが、好転のきっかけになることもある。逆に誰からもそこを突つかれないままいって、結局そのままずるずるとの結末になる可能性もある。

根性がわくという論点でも、人は誰しも自分1人で生きているわけではないのですよね。厳しい社会が人を幸せにすることも純然とあります。


ということはですよ、ふとアホなこと思ったんですが

「君、音悪くなった?前の方が惚れ惚れするようないい音だったよね」とか

「なんか音小さくなった?前の方が凄く大きく鳴ってたよね、あの頃かっこ良かったわー」とか

「もともとテクニックあるけど、もう少し鮮やかに吹いたら世界一やのに」なんて、嘘でもいいから言ったら(言われたら)、人は変われるのだろうか。

いやん、怖すぎるからそれが本音でも聞ける勇気ないわあ。


でも……


N響弘前公演

posted by take at 11:36| 活動報告