2017年08月24日

振り返るか否かの分岐点


最近、見てくれている何人かの人から続けて、このブログを書籍にして出版すればと、提案してもらう機会がありました。


まあコラムっぽいテイストが多いとは思いますが、思い付くままなブログはブログなので、出版するなんてことは恥ずかし過ぎるのですが、ただ実はやってみたいことがひとつあるのはあるのです。

というのは、もう6年近く2100回以上書いてきて、自分でも何をどう書いたのかは把握できる分量ではなく、また読み返すこともないので僕自身がやりっ放しなのですが、一度復習みたいなことはしてみたいのです。

あまりにいろんなジャンルでまさしく四方山話なので、カテゴリー別に分けて整理しようと思ったこともあるのですが、それも面倒くさく。


ただ、自分自身が印象に残った産物、また人から「あの話が良かった」「考えさせられた」なんて有難い感想をもらったものもあり、そういうのをどこかにまとめて整理したい気持ちはあるのです。

自分でも、全て読み返すのは物凄い時間がかかる。これからはもっとそうなるので、ここいらがやるかやらないかの最後のチャンスかなと。

とにかく、自分でも放ちっぱなしで全く振り返らないのはどうかとも思うのです。


このブログは、自分で始めたものでありなから、僕の人生の時間や流れ、考え方を結果大きく変えてくれたものでもあります。自分の価値観の核を、いくつかにまとめることで感じてみたい気がしています。

そうすれば、真の客観視に近づけるかという期待もあります。


N響秋田公演

posted by take at 12:15| 活動報告