2017年08月16日

風と米と水と


1976年(昭和51年)の大河ドラマは「風と雲と虹と」でしたが、僕はどうやら「風と米と水と」がかなり好きなようです。最近自覚しました。


最初に「そ、そうなのか?」と自問自答したのはお米。

結局あまたあるお酒の中でも日本酒が好き。実は米焼酎も好きで、泡盛はとても好き(米が原料さー)。

煎餅が好き。晩酌とご飯の後に必ず煎餅缶から取りだし食べるくらい好き。

そして、本家ご飯が好き。父親も入院するまでは、でっかい茶碗に二杯は必ず食べていた。


次に「も、もしかして、他人より好きなんじゃ?」と自問自答したのは水。

これはミネラルウォーターがということではなく(ペットボトルは大抵お茶なので)、他人よりよく水分を摂取するという意味。

僕が呑みすぎて二日酔いになるのはそれでしょうね。最初は味わってますが、途中からは喉寂しくてとにかく口に運んでいる。途中から水にすればいいんですよ。

人と食事に入った場合も、最初に出る水は料理がくる前に飲み干したりするし、食べてる間もかなり飲む。周りよりよくおかわりしています。皆がそうではないと最近気づきました。


最後に「そっか、僕はかなり風好きなんだ」と気がつきました。

だから沖縄の風は最高!!外飲みがいいのは、琉球の風をつまみに飲めるから。

家でも、窓を開け風の通り道でまったりするのが大好物。クーラーきいてる涼しい部屋の中で、ずっとうちわであおいでたりします。

きっとこのみっつは子供の頃から好きだったのでしょう。

風と米と水と生きる人生が僕には幸せなのだと、この年で気づけたことは嬉しいこと。

これからも好きなこれらと共に、元気に生きていきたい。


休日

posted by take at 17:44| 活動報告