2017年08月09日

成長のるつぼ


今年は東邦組が沖縄に来て合宿をしています。

昨年新大久保でやり好評だったふたつの大学のジョイントコンサートも、今年は那覇の教会で。今日は一日会場の教会で練習ができるという、恵まれた内容になっています。


ハートレーのオクテットから始まりましたが、合宿所でもつめて取り組んだオリジナルのトレーニングが、かなり効果をあげています。

ジョイントとしては数日で仕上げなくてはならないので、細部も全体も、なるべく短時間で全員が理解することが大事。それを目指した取り組みだったため、成果は嬉しく感じられました。


大編成アンサンブルがほとんど初めての一年生たちも、先輩たちとのディスカッションの中、よいスピードで変化しています。

あれはきっと、センプレぐるぐるしながら、吸収しているのだろう。理解がついていけてるかどうかはわからないが、頭の中こそわかるのが全てではないので、自分の演奏の変化を感じるだけでも価値があるな……


夜の食事でそのことを投げてみました。

「どう?初めての合宿は?」

「本当に楽しいです。春から今まで練習はしてきましたが、アンサンブルの中で初めてこれから何をしていかなければならないか、わかってきて…」


だろうね。そうだろうから本当に良かったね。

これからやるべきことがわかるということは、この合宿で自分が変化したことを受け止め、その方向性を理解しようとしていろいろ見つけられてるからだろうし、そしたら楽しくなってきたんだろうし、そしたら嬉しくてワクワクするんだろうし。


そう。今日という日もだが、明日から何をすればよいのががわかることこそ、心と身体の成長と幸せに最も貢献するんだね。


そんな彼らの言葉を聞いた僕もこれまた嬉しくなり、泡盛の力もあって、うちなーの人たちともえらく盛り上がってしまうのでした。


沖縄合宿四日目

posted by take at 11:05| 活動報告