2017年08月04日

背筋が凍らなくなった話


知り合いから背筋が凍らなくなった話を聞いた。冷蔵庫が突然天空へ旅立ったというのだ。

それ自体は少し前の話だが、今年は冷蔵庫でも冷やせないくらい暑い夏である、それはそれは大変なことだろう。

いつか食べようと冷やして取っておいた超高級冷凍うどんもあの世行き。こんなことなら、常備している超高級プレミアム納豆でもかけて、今朝食べておくんだった。その納豆も更なる発酵が進み、人類の胃袋では手に(胃に)おえない状態になっているではないか。あ〜〜かぐわしすぎて、妄想するだけで鼻も曲がりそうだ。


急に壊れてとにかく困る、一日も早くというのは、1が給湯器(シャワー)、2が冷蔵庫、3が洗濯機かなあ。電子レンジやエアコン、テレビはなんとかなりそう。


知り合いは当然、中の物を諦め冷蔵庫を買いに行く。すると新たなる問題が。

なんとかつては戸建ての階段を通りリビングに入った冷蔵庫を、業者はなぜだか出せないと言うのだそう。

「なんでやねん!」

人んちの冷たい話ながら、こちらの頭が沸騰する。入れられたんなら出せるやろ!

それがどうしても出せないらしい。冷蔵庫を買った時の出し入れ職人の方が腕が良かったということか。結局数万円出してクレーンで窓から出したのだそう。長きに渡り冷たい関係を作ってくれた命の恩庫は、諭吉も連れて去っていったとのこと。


その話を聞き我が家の冷蔵庫を改めて眺めてみる。まだ元気に冷たい態度で頑張ってくれているが

「そういえば、君はいつからうちにいるんだっけ?」

昔の写真を引っ張り出してみると、馬込に住んでる時に既に彼は写っている。そっか、ベルリンから帰って直ぐに買ったんだった…となると、もう20年ではないか!あらびっくり!!ということはいつ壊れてもおかしくないんだ!!!

ということで、うちもまだ元気なうちに買い換えることに。で、知り合いの話もあったので見積りに来てもらうと、我が家も階段の幅の関係であまり大きいと窓からになると。

あちゃー。

結局、350リットルくらいの凄く大きくない冷蔵庫を一階と二階にそれぞれという、今までと同じバージョンで新調することにしました。

一階は、お酒や頂き物等を倉庫的に使うと便利なので。


それにしても、いろんな電化製品あれど命を守ってくれている筆頭は冷蔵庫ですね。改めて眺めると彼は生きているみたいで、なんだか永年の働きに愛着と心からの感謝が湧きます。

宮崎駿さんかピクサーあたりが、冷蔵庫と中身のヨーグルトや玉子、納豆や冷凍うどんたちのドタバタをアニメにしてくれませんかね。


レッスン

posted by take at 19:18| 活動報告