2017年07月24日

それはいつか


マザー・テレサの有名な言葉がある。


『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』


大変に深い真理であり、慈愛に満ちており、そして難易度の高い内容。

何が難しいかって、最初の「思考に気をつける」。考えることをコントロールするったって、考えてしまうことはしまうだろうから。

実はこの有難い教えは、ネガティブな現実に支配されている。僕自身がよりわかりやすく理解したいために、例文を考えてみた。


『人のことを、周りの事象を悪く考えるのは控えた方がいい。それはいつか言葉になって出てしまうから。

言葉にするのは控えた方がいい。それはいつか口だけでなく酷い行動へとなるから。

酷い行動はなんとかして控えた方がいい。それは気がついたら習慣になってたりするから。

酷い習慣はとにかく麻痺から自覚がなくなり、故に抜けにくくなっているから、なんとかして控えられた方がいい。それこそが性格を決定づけるから。

時々自分の性格を省みたり、人からのアドバイスに真摯に耳を傾け反省し、なんとか自らを変えようと努力する、そういうことを面倒くさがったり、やりたがらないのは控えた方がいい。それがいつか、大変に残念な運命になるから。』


なるほど、自分で書いて、自分でわかりやすくなった。


ただ、能天気な僕は、テイストをポジティブにし、更に順番を変えて前向きりたい。


『明るく優しい、愛に満ちた言葉を選びなさい、それはいつか思考になるから。

その思考でいなさい。それはいつか行動になるから。

その行動を迷わず続けなさい。それはいつか習慣になるから。

その習慣を続けなさい。それはいつか周りから愛される性格になるから。

その性格に対し、人から心ないこと言われたり、バカにされたり、悩んだり悲しくなることがあるかもしれないけど、違う自分になろうとせず、そのまま膨らませながら生きていきなさい。

それはいつか、かけがえのない幸せな運命になるから。』


愚痴でもって人間社会は保たれているし、他人の不幸は蜜の味だし、攻撃からの我が正論で自分のアイデンティティーが築けたりする……んですけどね。


レッスン、川越へ

posted by take at 13:47| 活動報告