2017年07月11日

楽しさ増シソヨ〜


最近お気に入りの韓国料理屋ができまして。一週間経ってないのに二回目行きまして。


店内は広く、裏路地屋台村風になっている。ハングルだらけで異国情緒ムンムン。料理は美味しく接客も楽しい、とにかく居心地のいい店。

両日共5時くらいに入店。まだお客さんが一組くらいしかおらず、静かなムードの中ビールとサムギョプサルが始まりました。

自分で「そーなんだー」と思ったのは、徐々にお客さんが増え賑やかになるにつれ、楽しさも膨らみテンションが上がったこと。

普段なら、ほとんどの機会で「静かな店内」の方を期待したりしますが、この店の場合、屋台村風ということもあるのでしょう。決して最初が寂しかったわけではないのですが、賑やかになるほど自分の心も賑やかになっていって、嬉しいやら不思議やら。

自分から見えているテーブルにスタートビールが運ばれ乾杯する瞬間、サムギョプサルのおっきな肉を店員さんが焼き始める時の笑顔なんかも見ながら、一緒に嬉しくなったりして

「良い酒、良い韓国メシを!」

なんて心の中で叫んだりしていました。


普段他の店では周りの客に対してそんな気分になることはないのですが、二回共そうだったので、これまた少しだけびっくりしました。


客が増え賑やかになり、笑顔が増えたら明らか楽しくなる。そんな店は、やっぱりいい店なんだと思います。


休日

posted by take at 23:32| 活動報告