2017年07月26日

演奏が存在する場所


赤ちゃんは、わきあがるその豊かな感情を、相手に正確に伝えるツールでもって表現することができない。

言葉を持ってないから。

だから泣くしかなかったりするのだが、残るかどうかはわからないが、その瞬間はかなりストレスを感じているのではないだろうか。

僕らだって、今この頭で読み書き喋りが全くできないとなると、わめくしかないし、ストレスなんてもんじゃなく大変な辛さだろう。


赤ちゃんより、更に感情が多様に種類を持った私たち大人。そこまでの過程においても、小学校くらいまでの日本語のトレーニングにより、この素晴らしいスピーキングツールを手にする(口にする)。よって、話して伝えることでかなりストレスを発散することに成功するようになってますね。(同時に「聞く」ことも多様になるので、受けとることによるストレスはたまったりするが)


この「日本語が話せるようになるトレーニング」というのは、日本国数千年の歴史でもって超研究されまくり、極めて洗練された内容になっているのだろう。ありがたや。

その素晴らしい教育の甲斐あって、自分と日本語というのが分離しているイメージは一切無い。感情と言葉、その表現は一切の隙間なく一体化している。他人においても、大人の日本人と相対した時はほぼそう感じる。

外国語になるといきなり分離。感情が簡略化されて発せられたり、場合によっては違う内容になってしまったり。伝えるだけの技術が低いので、残念ながら一体感が薄い。もちろん僕の話です。


実は楽器の演奏も、自分と我が日本語のように、まるで分離することなく一体化していると良いと思うのだが、僕は今までそうなるために

楽器とどう向き合うか

とか

楽器とフィフティーフィフティーになれるために

なんて考えていたが、その考えは大きく変わってきた。


音楽と演奏、わが感情と表現は、全て自分の中にのみあるべきで、トロンボーンと言われているものはただのメガホンであると。


つまり、自分の中に全て存在するくらい自分自身が100でありトロンボーンは0に近い存在であるべきじゃないかと考えるようになってきた。

相手が話しているのを聞いた時は、その人の感情、意見しかその存在を感じない。日本語の存在は感じないのだから。


ということは、日本語が喋られるようになる教育法のようなトレーニングが必要だということになる。

ヒヤリング、文法、語彙、実践、評価……


音程も音色もリズムも、音楽も演奏も感情も表現も、トロンボーンの中には一切無い。全て自分の中にしか存在しない………

どうすれば、そうなれるのか。


川越へ

posted by take at 15:24| 活動報告

2017年07月25日

四次元的基礎考


僕は今まで、いったいどれくらいの時間ロングトーンをしたのだろう。どのくらいの時間リップスラーをし、何往復スケールを吹いてきたのだろう。

それで足りていたのだろうか、実は足りていなかったのだろうか……



『基礎』という言葉からは、全ての人が絶対的なものを感じる。

絶対的に素晴らしいもの。絶対的に必要なもの。


基礎あるいは基礎力無くして出来上がったものからは、怪しさと不安定さ、本物ではない感じ、実力のなさが香り立ってくる。


そんな基礎は実は立体的なものであり、基礎トレーニングというノウハウ、そして基礎力という力も全て、点や線、面、空間といった3次元までのイメージではなく、積み重ねる時間という時間軸と共に、四次元的に存在しているものである。

それは、ポチッとすると瞬時に答えが登場するインターネットや、一方的に快楽が享受できるゲームとはある意味対極の位置に存在している。実際インターネットもゲームも、基礎トレーニングを積み重ねなければできないわけではない。


人間は、誰でもが容易に入手できるもの、誰でもが容易にできてしまうことには、瞬間的な快楽しか感じない。本来のホモサピエンスの感性が讃え羨むものは、実は難易度の高いもの、簡単にはできず、簡単には手に入らないものだと本能が理解している。

よって演奏家だろうがアスリートだろうが、料理人だろうが絵描きだろうが、より多くの人にとって困難なこと、生み出すのに困難な物を実現している人こそを尊敬したがり、実は求めている。

この高い難易度にこそ、四次元的基礎が、その中心に微動だにしない頑固さをもって存在している。



基礎トレーニングの必要性は、ほとんど全ての人が理解していながら、しかし熱心に取り組む人とそうではない人がいる。

それは求めている完成品のクオリティと、それを手に入れたいタイミングが全うかどうかで差が出てくる。

そこそこのものが直ぐに欲しい人は、基礎には触手がわかない。少しでもレベルの高いもの、いや実はとても高いものを望んでいる人は、小さな進歩に喜びを感じ、時間をかけてそれが繰り返される道を選ぶ。

その際、どうやっても基礎の積み重ねという王道を無視することはできず、結果そのストイックなテイストを楽しむようにすらなっていく。

実はノウハウや時間だけでなく、このストイックへと向かいたがるというメンタリティも四次元的世界に絡んでおり、そうなるともう立体的というだけでなく、命をもっているようですらある。



ある高名な画家が「基礎としてのデッサンはどのくらいやりましたか?」という質問に「若い頃、1日にスケッチブック一冊書きなさいと言われ描いていた。電車の中でもずっと人物を描いていた。今は電車内は問題になるからできないけど…」と答えたのだそう。

スケッチブック一冊って実は凄いことだ。軽く30ページ以上ある。1日中描いている感じだ。

モデルが確保できないから、石膏像を描いたりしたようだが、アングル変えるだけでなく、同じ角度から何回もトライしたそう。同じアングルでも、何度か描いていると、違って見え描き方もわかってくるのだと。

まさに基礎トレーニングの極みのようなエピソードだが、同様に「やらなければならない」と言われても、そこまでやらなかった人もいるのだと思う。


やるかどうかは、やるべきだとのの勘が働くかどうかに尽きる。


基礎だったら何でもやみくもにやればいいというわけでなく

「これこそを毎日休まず、量必ずやれ」

と言われたことに関して、

「そうだな、これをやらなければ絶対だめなんだ」

と超素直に納得からの自分への鼓舞となり、ストイックの扉を開けられるような人間でないと、人々が真に求めている魅力クオリティには辿り着けないのだろう。


私たちの生活、心の豊かさが流れていく人生の時間は、全て「基礎」によって支えられている。

それは太古の昔から、そして未来永劫変わらないものであろう。私たちが人類である限り。


川越へ

posted by take at 09:24| 活動報告

2017年07月24日

それはいつか


マザー・テレサの有名な言葉がある。


『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』


大変に深い真理であり、慈愛に満ちており、そして難易度の高い内容。

何が難しいかって、最初の「思考に気をつける」。考えることをコントロールするったって、考えてしまうことはしまうだろうから。

実はこの有難い教えは、ネガティブな現実に支配されている。僕自身がよりわかりやすく理解したいために、例文を考えてみた。


『人のことを、周りの事象を悪く考えるのは控えた方がいい。それはいつか言葉になって出てしまうから。

言葉にするのは控えた方がいい。それはいつか口だけでなく酷い行動へとなるから。

酷い行動はなんとかして控えた方がいい。それは気がついたら習慣になってたりするから。

酷い習慣はとにかく麻痺から自覚がなくなり、故に抜けにくくなっているから、なんとかして控えられた方がいい。それこそが性格を決定づけるから。

時々自分の性格を省みたり、人からのアドバイスに真摯に耳を傾け反省し、なんとか自らを変えようと努力する、そういうことを面倒くさがったり、やりたがらないのは控えた方がいい。それがいつか、大変に残念な運命になるから。』


なるほど、自分で書いて、自分でわかりやすくなった。


ただ、能天気な僕は、テイストをポジティブにし、更に順番を変えて前向きりたい。


『明るく優しい、愛に満ちた言葉を選びなさい、それはいつか思考になるから。

その思考でいなさい。それはいつか行動になるから。

その行動を迷わず続けなさい。それはいつか習慣になるから。

その習慣を続けなさい。それはいつか周りから愛される性格になるから。

その性格に対し、人から心ないこと言われたり、バカにされたり、悩んだり悲しくなることがあるかもしれないけど、違う自分になろうとせず、そのまま膨らませながら生きていきなさい。

それはいつか、かけがえのない幸せな運命になるから。』


愚痴でもって人間社会は保たれているし、他人の不幸は蜜の味だし、攻撃からの我が正論で自分のアイデンティティーが築けたりする……んですけどね。


レッスン、川越へ

posted by take at 13:47| 活動報告

2017年07月23日

大人の新音大妄想劇場


当方音楽大学は、来年から、全ての科において学生が入学時、自由にMコース、Tコースを選択できるようになります。

学生さんが自分で「厳しくされると伸びるタイプだな」と思う場合は、Mコースをお選びください。担当はもれなくドS科の鬼瓦権蔵教授で、どんなに上手く演奏しても、重箱の角をつつくような視点から激怒してくれます。

あなたが伸びて伸びて伸びきるまで激怒の手をゆるめず、一切の優しさ思いやり譲歩もなく、けちょんけちょんにけなしきってくれること間違いありません。教授は口だけでなく、手も足も出してくださいます。他の大学では、ここまで徹底されている教授はいらっしゃらないので、あなたのスキルアップには、このコース以外の選択はないでしょう。


自分が「褒められると伸びるタイプだ」と思う人は、迷うことなくTコースをお選びください。このコースを担当するのは、太鼓持ち科の春風体目出度教授です。教授のレッスンは、受ける度にTポイントが溜まります。

春風体教授は、まずあなたの全てを受け入れます。それが聞くに耐えない音程でも、メトロノームが骨折しそうなリズムでも、ジャイアンの歌声のような音色でも、決して否定することはありません。否定どころか、重箱の角を見つめて見つけ出す輝きを必ずピックアップし、それはそれは褒めちぎってくださること必至です。さすがのあなたも「いやそこまでは」とこっぱずかしくなるかもしれませんが、教授はその褒める口をゆるめることは決してありません。そうしているうちに、あなたに自身が世界一の音楽家であるとの自覚が生まれますので、そうなったらもう未来は薔薇色です。他の大学では、ここまで徹底されている教授はいらっしゃらないので、あなたのスキルアップには、このコース以外の選択はないでしょう。


そのどちらも希望されない学生さんは、普通の専攻生として入学が可能です。

例えばトロンボーン科ですと、吉川武典准教授の担当になります。

まあこの人は褒めるかもしれませんが、怒るかもしれませんね。特に特徴のない普通の教授ですね。「全ては学生のやる気次第だっ」なんて言っておいて、面倒見がいいかもしれませんし、ほっとかれるかもしれません。よくいる普通の教授ですね。気分がいい時は明るく接し、機嫌が悪い時は二日酔いみたいな顔してるかもしれません。今日がどちらかは、皆さんの運次第になります。あ、教務での雑談は一部の職員に好評ですね。くだらない話がウケてる時もありますし。

まあ、どうということのない普通の教授ですよ。


当方音楽大学では、未来の有望な人材育成のため、現代の無謀な指導陣が皆様をてぐすねひいて待っています。

まずはオープンキャンパスから。お待ちしています。


レッスン(優しかった←自己評価)

posted by take at 19:23| 活動報告

2017年07月22日

当たり前田の夏TUBE!!!


夏だ!TUBEだ!!

ということで、暑い沖縄、向かうANAの機内放送は、ブチュ〜〜っとTUBE特集。


あーーなーつやすみぃ〜〜〜〜〜〜ではないんだけど(周りは家族連れ、プルカツばかりなり)


それにしても前田亘輝さんの声は、いつ聞いてもまっこと気持ちいい。はっきりクリアでノイズの少ないナチュラルトーンな美らボイスに聞こえます。

歌い方も、ソウルフルだが、気負わない自然体な節回しが好感度バツグン。本人は自然に歌ってるだけですよ、絶対。そんなに意識してカッコつけてない。それがカッコ良く聞こえる。実力者やね。

実は同い年ですわ。えーなー、あんな風に歌えて。こちとら酒やけでガラガラ声だったりしとる。


80年代から90年代にかけての大ヒット曲の数々、屈託のない明るい曲調が多いが、春畑道哉さんのメロディやハーモニー、アレンジも、本当に気持ちいい。前田春畑コンビ最強伝説やね。

なんだかわからんが気持ちいい。

気持ちいい曲って、あるようでないよね。いい曲とかかっこいい曲、心に染みる曲とか思い浮かべやすいけど、気持ちいい曲って。


夏に特化したTUBEを夏に聞く。これは、気持ちいいばかりじゃない夏を気持ち良く駆け抜けるための、必須アイテムじゃ。同世代よ、ありがとう!!!


そして那覇につき、爽やかな琉球の風が………吹いとらんやないか!!!

うだるような暑さ。目がくるくる廻る。オリオンビールと泡盛まではまだ時間あるし。てかレッスンしに来たんやし。

楽器もキャリーも重く感じる、沖縄最強の暑さ。


帰りの飛行機もTUBEやな。


沖縄県芸、レッスン

posted by take at 18:02| 活動報告