2017年06月26日

答えはいる?


「ふじいよだん」が、話題をさらっている。

14才が全ての世代の頂点に立とうとしている異例、棋士という人間コンピューターの精度、その驚異的高性能イメージが同じ生き物としての可能性をグッと広げているようで、とてもエキサイティングなのだろう。

僕はひねくれものなので、あんまり若い時に、広き社会という誰もコントロールできないフィールドから「立派」として評価されると、彼の心の未来がちと心配になりまして……大きなお世話ですが。


そんな藤井君、苦手な科目は音楽や美術だそう。理由は

「答えがないから」

ないから興味がわかないのだそう。

でしょうね。将棋のことはあまりわからないのですが、無限にありそうなパターンだとしても正解や失敗などの結論は随時出るだろうし、何より最後には勝ち負けという答えがはっきりとある。

面白いのは、母親の裕子さんは趣味がバイオリン。アマオケにも参加されてるし、父親の正史さんはジャズ愛好家で(ジャズですよジャズ!!!)レコード収集が趣味という、完璧にこちら側の御夫婦。

藤井君ももしかしたら、学びとしてが苦手で、音楽も美術も享受するのは好きなのかもしれません。


いずれにせよ、逆説的に考えると、答えがあるものの難易度は彼にとってエキサイティングなのでしょう。

………ん?! まてよ。そんな感性型と真逆にありそれが突き抜けている彼がモテているのだとすれば、数学はじめ答えを掴むのが苦手で間反対にいる僕は、モテないってこと??


まあ、そんなんも答えなんかありゃしないしぃ!!!


N響ブラスアンサンブル本番

posted by take at 21:14| 活動報告