2017年06月18日

自戒


「皆が同じ動きをしなければならない」


と考えるこをとにかくやめようと、自分を戒める毎日です。

どうしても根っこから抜けにくいこの考えこそが、結局一番具合を悪くする種のような気がして。


「いや、自分は考えていない、個人の個性や意見を尊重しているし、そもそもみんな同じじゃないじゃないですか」

大抵の人がそう思うと思うのだが、日本人は特にばらけていると不安になるし、何より自分の思った通りではない反応には、抵抗したり論破したり同調を求めたりする。

可能性や成長、未知数を見ようとせず、自分の価値観と違うと非難することも、全くやめてしまうことができない。

義務教育から高校くらいまでは決まったシステムを基準に進むのはわかるが、大学生くらいになったら、個人個人でいろんなことが違ったり、伝承芸術的要素が強くても日頃の表現は同じ動きにならない方が自然。

そう考えなくてはならないのだが。


自分の思い通りにしたい

いや、してはならないのだ、自分以外は。


ブロカート合宿

posted by take at 12:07| 活動報告