2017年06月17日

ペールギュント


今回のブロカートでは、グリーグのペールギュントから抜粋をやっています。 (あとニールセンのフルート協奏曲とチャイコフスキーの四番)


決まった経緯としては、まずチャイコフスキーがあり、フルート協奏曲がソリストとの話し合いでニールセンになり。最後にオープニングの話になった時ソリストから、「ニールセンだから北欧の、たとえはペールギュントとかどうですか」との意見をもらい、団員が決定。

N響ではあまりやる機会はない。2,3年に一回、組曲をやるくらいか。全曲は定期で一回、デュトワの指揮でやっただけ その演奏は印象に残っています。特に難しい曲ではないのですが、楽しかったのを覚えている。そんなくらいだから、グリーグといえば「ピアノ協奏曲」。こちらは、年に1,2回は必ず。

で、今回選曲は任され、6曲を選び取り組んでいるのですが…


なんだか気持ち入るんですよ、ペールギュントたち


美しさはより美しく、切なさはより切なく、激しさはより激しく表現したくなる。有名な「朝」や「オーゼの死」も、普段よりとても素晴らしい作品に感じる。

指揮者があまり取り上げないのは、芸術性としての評価が低いのだろうか。

ただ、僕にはどうやら感性の相性が良いようです。

話の内容は、なんだかなあって感じですが、曲は様々な表情に独自の魅力を感じます。チャイコフスキーのバレエとかより、それぞれの曲に顔の違いを感じる。

秋の演奏会が楽しみです。「いい曲だなあ」って思ってもらいたい気持ちが強い。

そういえば、ピアノ協奏曲も結構好きなんです、グリーグ。やっぱり合ってるよう。


ブロカート合宿

posted by take at 19:14| 活動報告