2017年06月02日

聞いてる人には関係ない


楽器の事情というのは必ずあり、それはどの楽器でもあり。しかし聞いてる人には関係ないのだから、きちんと困難に向き合う姿勢は必要。


トロンボーンの場合、5ポジション、6ポジション、7ポジションとなるにつれ、音程、発音、音色が結構なスピードで曖昧になっていく。

問題は「普段あまり使わないから、まあまあで良いのではないか」という潜在意識。

その気持ちが強い人ほど、実は微調整からの繊細さをもたなければならない1、2、3、4ポジションもなんちゃってになりがちだ。

・どの音域も動かさない

・吹く度に位置が違う

・精査し納得して定めた経験がない

・上げなければならないとこを下げたり、逆だったり。動かさなければならないとだけ意識にある。で、上記。


まずは1ポジションのFが抜けない人、3ポジションのEsを下げれない人。もれなく、5ポジション以下がかなり高いが、気にしないで吹いてしまう。


レガートのムラ含め、リスナーの大半であるトロンボーン吹き以外の人には、この楽器の事情は不必要な情報であること。彼らにとって必要なのは、ムラのない音楽的表現、レガート、音程、音色であること。

そして、演奏家にとって、それを修正することは、全くもって不可能ではないこと。


全ては「吹きたい」から大きく飛躍し、

本当に聞き手の心に喜ばしい演奏をプレゼントしたい

正確に吹けないと、職業演奏家のフィールドには立てない

という、希望と強迫観念というふたつのメンタルが存在するか否かだろう。


N響練習、川越へ

posted by take at 10:43| 活動報告